*paraxlan diary*

-神仏たちと愛を育みながらの『菩薩行』です-

今更。

 

神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ

神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ

 

 今日、AmazonKindleで購入して読みました❗

以前から気になってはいたものの、なかなか本自体に縁が無い日々で………

(サイトやブログ巡りばかりだったことも原因ですね💦)

 

やっとこさ今頃買いましたが、まだしっかりとは読んでないッス…(´▽`;)ゞ

 

しかし、読んでビックリしたのですが、早池峰神社の「白龍社」も白ヘビの神様だったことです!!(゜ロ゜ノ)ノ<オオッ!

 

(*´∀`*)ロッ、ロビンさんもお金の"念の垢"を落とせるのかい?

、と聞いたところ。

 

「…お前は心配しなくていい。安心しろ(^_^)」

 

………(; ・`ω・´)詳しくは教えてくれませんでした。

なぜに安心なのか、聞かないと安心出来ないよッ!

 

本の中で、お稲荷さんがお金持ちにしてくれる、とあったので

随分と久し振りに伏見の山のうーさんを思い出しまして

エネルギー体の形で思い返してみました。

うーさんは、金色に輝いて、ポコポコと指圧マットのような感じで………

ポコポコのひとつひとつが生き物?とか思っていたら。

 

「(^_^)違う。」

 

と、爽やかに否定されました。

それで、更に探ると「波か!」と気付き。

京都の地下水……水の神様だと知りました。

Σ(´∀`;)え?じゃあ、伏見稲荷の神様と違うの!?

と聞くと、

 

「(^_^)まあ…いずれ分かる。」

 

また秘密かよコンチキショー!!

何だか、二十四節気の「雨水」の日に知ったので「うーさん」と呼ぶことにしましたが、結構当たってるもんだなあ…と。

伏見稲荷の画像で繋がったので、てっきり伏見の山の神様かと………

 

「(^_^)間違ってもおらんよ。」

 

どーゆうことよん_(:3ゝ∠)_こてん。

 

あ、あとキンモクセイのお話し!

ウチの豚舎にはキンモクセイがありまして。

今、スッゴく花が咲いて、香りが半端ないです!

前の書籍でも書いてありましたが、嬉しかったです(*´ω`*)

 

それとお不動さま!

読んでいて、吉野の金峯山寺蔵王権現さまを思い出しまして。


f:id:paraxlan:20181013191107j:image

 


【金峯山寺秘仏本尊】優しいだけではない修験道の精神から来る厳しい蔵王権現 | DEEPだぜ!!奈良は。

 

ええ、勘違いです(*´艸`*)💦

(閼迦井不動明王さまのことだと思います)

で、勘違いのまま蔵王権現さまのお姿を思い浮かべながらお不動さまの真言を唱えたら………

ぐわゎーん、と波動が来ました。

サードアイとかでしょうかね、衝撃がオデコに来て。

そしたら何故か、自分のデコをペペぺペペぺペペぺシーン!と手のひらで叩いて………

え?え?え?

とか思いましたが、気になって叩いた数を数えると9回(!!)叩いてました。

それから、後ろさん達から「ついたぞ。」(繋がった=ご縁がいただけた)と教わりましたが………

(; ・`ω・´)ち、違うやん………

どうしても、頭に浮かぶのが金剛蔵王権現さまなので、ちゃんと真言を調べて覚えました。

一番短い呪です………

「それでいい。」そうです………

「お前が『蔵王権現』だと感じれば良い。」

………………………………

 

多分、ですが。

思い浮かべて『波動』を感じ取ることでもいいらしい?

………真言を唱えるのが確かな方法だと思いますが、

先ずはお姿を強く念じる………

そして、感じ取れれば波動も、という感じかと(´▽`;)ゞ

 

………今だに。

『波動』をよく理解出来ずにいます………

やっぱり場数を踏んで違いを覚えるものなんだなぁ…と。

まだまだ勉強です………(ヽ´ω`)

 

………そして、

まだまだ書かねばならないことが山積状態ですが。

どうにもこうにも進みません………

後ろの考えをはかりかねています。

 

『信じ抜く』

 

………これを、課せられているようです。

思いが練り上げたもの

f:id:paraxlan:20181010171420j:plain

艦これの「不知火改二」です🚢

 https://wikiwiki.jp/kancolle/%E4%B8%8D%E7%9F%A5%E7%81%AB%E6%94%B9%E4%BA%8C
不知火改二 - 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

 

只今の「お題」が『しらぬい』なので………(*ฅ´ω`ฅ*)

 

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽

 

 

何日か前から、後ろさん達が。

 

「お前の前世は為朝の妻の白縫だ。」

 

とか言い出しやがるので。

もう過去生探るのイヤだなあ(›´ω`‹ ) ゲッソリ

…と思いつつも。

源為朝さんは熊本にゆかりのある、大好きな武将さんなので。

ちゃっかりその気になったりして…

再び………今度は白縫姫に焦点をあてて調べてみました。

[因みに、私なりに描いてみた龍さんの絵の1つに、その為朝さんをモデルにしたものがありましたσ(^◇^;)

弓矢🏹つながりです🎯]

 

為朝さん、と言えば滝沢馬琴の「椿説弓張月」が有名で。

f:id:paraxlan:20181010175051j:plain

やや!………つい!

 

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%BF%E8%AA%AC%E5%BC%93%E5%BC%B5%E6%9C%88
椿説弓張月 - Wikipedia

こちらの絵が挿画です🎯

f:id:paraxlan:20181010175638j:plain

葛飾北斎です。

 

 

 http://www14.plala.or.jp/sasanoko/ootsuki/minwa.htm
大月市の民話

 

白縫姫の説話が、山梨県大月市にありまして。

短いので抜粋します😊🌿

 

✳️白縫姫

 

今からおよそ800年も昔のこと、弓の名人で知られた鎮西八郎為朝(ちんぜいはちろうためとも)は、血気にはやる行いが多かったため父為義(ためよし)の怒りに触れ、肥後の城主・平忠国(たいらのただくに)の元に預けられてしまいました。

忠国には白縫姫と呼ばれる美しい娘がいて、為朝はこの娘と結ばれたのですが、まもなく父に呼び戻され、保元の乱で父に従って戦うことになりました。為朝の留守中に姫は男の子を生み、為若丸と名付けました。保元の乱では為朝の軍勢は父為義が切られ、姫の父も滅ぼされてしまいました。この時白縫姫は、まだ乳飲み子であった為若丸と共にお付きの者に護られて密かに城を逃れ、世を忍んで諸国を逃げ歩く旅を続け、ついに甲斐の国にたどり着いて、追っ手の目を逃れながら山や谷の道もないところを歩き苦労を重ねてやがて鎮西山(初狩滝子山)に着きました。そして、山上に小屋を造って住み、水の湧くところに池を掘って鎮西池と名付け、別れ別れになった夫の為朝を偲んでいました。

しかし、山の生活は厳しかったので姫は麓の里に移り、里人の暖かい心に見守られてひととき平穏に過ごしたのですが、なおも追っ手の来るのを恐れ為若丸を彦太郎と名を変えて里人に預け、故郷の肥後へ旅立ったと伝えられています。

 

 

他にも諸説ありまして、滝子山にて池に身を投げ(自刃した、という話も…)、引き揚げた遺体の手に鏡と玉があり、祠を造って祀ったというものとか………

その祠は「白縫神社」として、今も山頂下の小さな鎮西ヶ池のそばにあります。

 

熊本で、伊豆の為朝に息子二人の婿入り先を頼む書状を送ってきた、とかもあり、晩年が分からない女性ですねぇ…

 

ただ、昔から自分は山の中とか雑木林とかが苦手な思い出があるにはあって。

………なんか焦ってしまう、というか落ち着かないというか。

過去生で龍さんとこから逃れて、山吹さんのとこに向かう時のフラッシュバックかなぁ?とか思ったのですが、あの時は焦る、というよりはやる気持ちが勝っていたように思います。

 

うむむ…「山の中で追っ手から逃れてきた」…とか腑に落ちる気はしますが………

 

おいおい、アタイが姫って、前世にしても冗談キツイぜ!

 

しかし、「しらぬい」………

 

確か私が初めて写真からエネルギー体を感じたのが、熊本出身の横綱「不知火諾右衛門」のお墓の写真(コンビニで買った熊本の雑学本みたいなものに載っていました)でして………

https://www.city.uto.kumamoto.jp/museum/pro/kinsei/yokoduna.html
不知火諾右衛門の墓|宇土市デジタルミュージアム

 

両側に供えてある榊?の形に沿って、白く光るマーカーみたいな線が「鹿の角」のようなマークに視えたのです。

"何だろう?この形…"

と気になって不知火さんを調べて。

「不知火型」という相撲の横綱土俵入りの際の型にそっくりだなぁ、とビックリしました。


横綱土俵入りの型 雲龍型と不知火型の違いとは?その由来や特徴は? | EATalk

 

当時はそんな符号が合った感じが、ただ嬉しかったのですが(; ̄ー ̄A………

今回調べ直してみましたら。

お墓の不知火さんは「不知火型」をしていない可能性が強い、ということを知りまして!

 

………え?じゃあどういうこと?

と、再びの自信喪失に見舞われましたが………

龍さん達が、

 

「何をがっかりすることがある?

"視えた"のならそれでいいだろう。自信を持て。」

 

と言われまして、更に更に考えました。

………もしかして、お墓の管理をしている人の思いが榊?に込められているのかなぁ…

とか思ってはみたものの、不知火さん本人に関係無いビジョンを視ても仕方ないんじゃないかって、やっぱりがっかり😞💨していると。

 

「"その思い"は重要なんじゃないか?」

 

と、言われた時、

………あぁそうか………こういう伝説などの言い伝えを大切したい、という思いが連面(←連綿ですね💦)と受け継がれていくことって重要なんだ………

………それを感じ取るのも良いことだったんだなあ…

と思い直しました。

 

ただ、やっぱりちゃんと調べないと分からないものなので、そこは注意しなきゃいけないんだなあ…ε-(;ーωーA フゥ…

 

 

"視える方々"のブログを読むと、ちゃんとした人物や風景がしっかり視えたり、頭に浮かんだりして羨ましく思います(;ω;`*)

 

前に後ろさん達に『お前も(人型に)視える時がくる』とか言われて集中したりしていますが、一向に進みません………( ̄_ ̄|||) どよ~ん

 

〈道は険し〉、ですね………⛰️⛈️

 

 

あ、「しらぬい」といえば、

  
不知火/しらぬい|万が一 見ることができたら幸運! 日本の超自然現象|JAFナビ

 

熊本の八代に有名な海の現象がありました!

 

………人びとの思い………

言い伝え………

今回の記事を書いていて。

別に真実ではないかもしれないけれど、『イマジネーションを楽しむ心』って必要なのかなあ………とか思ったり、

でも本当のことって知りたいな!って思ったり………

 

訳が分からない気分です………(。•́ωก̀。)…グスン

 

中庸と中立

f:id:paraxlan:20181007191550j:plain

睡蓮です。

睡蓮の花言葉

「清純な心」「甘美」「優しさ」「信頼」「純情」「信仰」

だそうですね(*´∀`*)

『蓮』と『睡蓮』は違うようで。


「睡蓮」と「蓮」の違いを一瞬で区別できる画像とともに解説!! | 言葉の救急箱

 

 

🦁 睡蓮、と言えばクロード・モネの『睡蓮』のシリーズですね!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E8%93%AE_(%E3%83%A2%E3%83%8D)
睡蓮 (モネ) - Wikipedia

 

 

………さてこちらは、

f:id:paraxlan:20181008180853j:plain

絵画のようですね!でも写真なのですよ🦐*✲゚*🐧*✲゚*

🐳こちら⇩のサイトをご覧ください🛄

 
春・夏の「モネの池」(岐阜県関市)へマイカーで行く人は必見!これは都会では味わえないですね。 : 私のなんでも日記

 岐阜県関市の根道神社にある『モネの池』だそうです。

 

 

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

 

いつものことですが、前置き長し、です(; ・`ω・´)

 

 

「その基準にしておる『自分』という存在は、所詮は『1人の存在』、いろんな経験を積もうとも『ひとつの考えの持ち主』なだけだ。」

 

………の続きです💦

(今回は、私のアホな返しを省きましたf(^ー^;…この一連の会話は、同じ話題を何度もされたのですが、その度に着地点が違うのを何とかひとつの流れにまとめたものです。)

 

 「自分はたくさんの経験をしてきた。………苦労もしてきた。

乗り越えたからこそ、今の自分がいる………

………それはそれで『自分だけの経験』だ。自慢しても良いことだが、それを相手に押し付けてはならん、という話だ。」

 

「…今の霊能力者は、お前と同じようにネットや書籍で勉強しておる者もいるのぉ。

漫画であったじゃろう、『自分が以前経験し乗り越えたことで、同じことを持ち込んで来る相談者がいる』と………

それと『自分の力量以上のことは来ない』とかだ。」

 

「その言葉だけ、となると『自分に来る案件は全て解決できるものばかり』のようじゃ………」

 

「はっきりと言うが、そりゃあ間違いじゃよ。」

 

「『乗り越えた』と思ったが、まだまだ出来ていないのを『見せられる』場合もある。………その時は霊能力者、相談者、共に学び、乗り越えるべき事なのだ。」

 

「『自分の力量以上の案件は来ない』のであれば、成長など出来んじゃろう………

必ず『試される時』はある。」

 

「心の弱い者が、自分の都合の良い解釈をし、相談者のみならず自分の弟子にまでその理論を押し通す………」

 

「………今まで危険を切り抜けてきたのは『自分の持つ強運』、ある程度の立場になれるのも『恵まれた運』、というのは本人は分かっておる………『自分だからこその地位』だと経験で知っておるのに、他人には『あなたにも出来ますよ!』と簡単に言うのだ。」

 

「だからな………相手が手こずっておるのをもどかしく思い、見下し、責める………」

 

「出来なくて当たり前だ。人それぞれの使命も違えば、『波』も違うのだ。」

 

「ある者はすぐにマスターした。しかし、ある者はなかなか芽が出ない………それは努力が足りない、とか単に進む道が違うから、ではないこともある。

理由はそれぞれだ。『立ち上がる、その時』が人と違う者はいるのだ。」

 

「お前は占星術をかじっておるから、なんとなしには分かるじゃろう………

『得意、不得意は皆違う特徴がある』『同じ誕生日でも時間によっては性格も環境も随分と違うことは当たり前』『立ち上がる切っ掛けは星と連動している時もある』と………星によっては同時期に幸運を手に入れる者がいたりするのにだ、手に出来なかった者も存在する、それは生まれた時の星の位置に関係している、と知っただろう?」

 

「それと、『早くに運が拓ける者』『人生の半ば………もしくは最後に拓ける者』。」

 

「………それぞれに理由があること。自分は出来たから、と努力した上で出来なかった者を蔑むことなどしてはならんのだよ………」

 

「蔑む者、それは『本当の努力』をしなかった………『出来るように設定された能力』を使っているだけの、心の弱い者だ。」

 

「真摯に物事や人に向き合ってきた者は、蔑むことなどしないのだ。」

 

「苦労と一口に言っても、出来る者の苦労と出来ない者の苦労は違う………

同じような苦労をしなければ、分かり合うことは難しい………」

 

「お互いが、相手の立場を思いやらねば良い方向に物事は進まん。」

 

「しかし、出来る者………特に押しの強い者は我を通そうとする。そこで、押しの弱い者が妥協して物事を進めようとする………」

 

「妥協してくれる者がいてこそ進んだ事を、さも自分の手柄のように吹聴するのが心の弱い者、だ。」

 

「その者とて、若い頃はマウンティングとやらをされてきておるのだが………」

 

「親や友人、その辺りに圧力をかけられてきた経験がある。」

 

「それを上手く切り抜けてきた………その自信がある。

しかし、『立ち向かってはいない』のだ。」

 

「『心にもない上っ面な言葉』を駆使し、誰よりも上手く立ち回れることが自慢なのだ。………お前は、上手く立ち回りたかったけれども出来なかったろう?だが、それが切っ掛けで衝突したからこそ相手を真に理解する事が出来たのだ。………相手の弱さ、自分の弱さ。相手の強さ、自分の強さ………そこに否が応でも向き合ってきた。だからこそ、いろんな者たちの隠れた心情を察知する事が出来るのだ。」

 

「世の中、一筋縄ではいかんことばかりなんじゃよ………」

 

「自分は出来た。………だから自分は正しい、では無いことが痛いほど分かるのだ。お前は………」

 

「………お前はもっと自信を持て、ということだ。

調子に乗りやすい面はあれど、お前は絶対に人を見下さないのだ。

お前の言葉で怒る者は、大体他の者にも怒っておるものだ。

そういう者はな、『怒りをぶつける相手を選ぶ癖がある』………

強い者には言えん。………しかし、弱い、と自分が思っている者に対しては容赦なく言う性質を持っておる。

お前は以前書いたことで幾人かに謝りたい、とずっと思っておるがの………詳しく、誠意を持って話せば許してくれるのが分かるからこそ、申し訳なく思い、逆に言えずにおる………

大丈夫だ。………本当に優しい者ほどそこのところをきちんと察するものだ。

察することが出来ない者は………お前だけではなく、大体の者たちに対しても心の狭さを見せる者だ。

そんな者たちに謝れば、意気揚々とせせら笑うだけ………

更に自分達の正しさを押し付けてくるのだ。

………お前が霊的攻撃を受けるのも、自惚れて無意識に人を見下したからではない。

逆だ。お前は自己評価が低すぎるのだ。それが、特定の者たちの怒りを買っているのだ。『出来るくせに』『逃げるんじゃねぇよ』………お前なりの理由があっての自己評価の低さにもかかわらず、にだ。相手には『思いやりの気持ち』など無いからお前の気持ちを察することが出来ずにいるだけだ。」

 

「ゆえに、お前が自信を持てずに落ち込めば落ち込むほど、『自分が勝った』と思い込み、そこで満足するのだ。」

 

「相手の加虐心に火を着けとるんじゃよ………

強い者に言えない鬱憤をお前を痛め付けることで晴らしとる。」

 

「じゃからな、『バランス』なんじゃよ………

自分の強さを故意に際立たせ人を虐げるのなら、人を労る気持ちを持てよ、と。

そして、

自分を低く見積もって自らを虐げているのなら、自分を労れよ、ということじゃよ。

………それをな『見せられる』、ということなんじゃよ。」

 

「………『ライトワーカー』とか言う者たちを嫌う者がいるだろう?

綺麗事を言うなよ、と。

あれは『人の心のバランス』が偏っているなどと理由にしているが、本当に『バランスが良い』人間ならば気にしない。………ただ『自分の生き方』をするのみだ。」

 

「あれはな………『自分の汚い心』が悲鳴をあげてつらいから噛み付いておるだけだ。………自分の心のバランスこそ偏っている。」

 

「しかし、ライトワーカーの中にも選民意識を持つ者もいる………

『自分の正しさ』を押し付けておるのぉ………

人は皆、時に間違った生き方をするものだ。

それを自分は『しない』から『する』奴は悪い、と決め付けて………

それは、ほとんどの場合『しない』のではないのだ。

『しないでいられた立場』だからしなかっただけ………

極端な話だが…戦争などに巻き込まれたのなら、自分の意思など簡単にねじ曲げられてしまう………

どれだけの人間が正気を持っていられるか………

そんな『自分の意思が通じない』場面に立たされることは日常にも潜んでおる。

人間は皆違う価値観を持っているが、長い年月をかけて独自の経験をし、学びながら自らの思考を育て生きている。

だから違っていて当然なのだ。

その中で、突発的に悲惨な出来事に出くわしたり………運悪く犯罪に加担する者もいる。

………ライトワーカーの選民思想を叩く者とて同じ。

やはり『相手の立場を思いやる』ことが出来なければ同じ穴のむじな………」

 

「同業者を叩く者は、同じように相談者にも矛先を向けておるものだ。」

 

「『決めつけ』で『依存心が強いから騙される』と言ってくる。

『自分の力ではどうしようもなくなったから』という理由を、『努力不足』の名を付けて責め立てる………」

 

「そういう者は、自分のしてきた努力をアピールするのが上手だ………

失敗も、『立派な理由』があるからしたのであって、自分は『正しい道』を歩いてきたのだ、と言う。

だが、相手の失敗は『無駄な努力』と決め付け『間違った道』だから、自分の言う通りにすれば『正しい道』を歩けますよ、と言ってくる………」

 

「前にも言っただろう、失敗するのにも意味がある、と。

失敗しなければ自分という人間の特徴が分からずにいるものだ。」

 

「………集団の怖いところはだ、『自分たちと違う間違い』をおかす者を容赦なく排除する心が『何の躊躇いもなく』働くことだ。

………集団のトップが、『こいつは間違っている』と言えば、同じ間違いなどしないから相手の気持ちが分からずに皆、1人を吊し上げにかかる。

………もし、集団のトップがだ、加虐心旺盛な、心の狭い…しかし、上っ面な言葉を巧みに操る人間であったならば、標的はひとたまりもない………」

 

「普段はな、『人を持ち上げるのが上手い』のだ。

しかし、心が無いから言動に一貫性が無い。

『筋』が通っておらん。

………そこに言葉を素直に受け取る者は振り回される。

やがて付いていけずに対立する………

日頃から人を『いい気分にさせる』スキルはあるからな、『扇動』はお手のものだ。

『自分の正しさ』をごり押しし、相手の非をこれでもか!とあげつらねて周りを固める………」

 

「あのな………『酔っぱらい』だ、みな、な………」

 

「トップは『自分の強さに酔いしれている』、周りも『その強さに酔いしれている』のだ。」

 

「トップが人を傷付けても『歯向かうから自業自得だ』と思う仕組みが出来上がっておるのだ。………手におえん。」

 

「じゃからな、酔っぱらいのトップが人を傷付けるのを予測出来るにも関わらずに、『見て見ぬふり』をする周りもまた、同じ罪なんじゃよ………」

 

「お前はな、情に流されやすいところがある………それは今までの経験で解るだろう………その上一途なところもある。………危険なのだ。………確かに『全部の集団が危険』という訳ではない。

………『自分を見極めろ』。

弱さだけではない、強さも同じように認めなければ再び同じ目にあう。」

 

「『絵』のこともそうだ。いろんな道があるが、『自分だけの強み』を見つけねば………『方向をしっかりと定めること』をせねばどれだけ描いても『良い絵』には到達せん。」

 

「お前は幼い頃から培った画力、センスがある。………だから焦るな。お前を弱者と決め付け見下す者たちに振り回されるな。」

 

「お前はホロスコープでも出てただろう?

『固める力』が弱いんだ。………『気を溜めろ』。

自分の気力を保てる方向………道があるんだよ。」

 

 

 

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

 

 

………何だか、私の人生指南になってしまいました:(´◦ω◦`):プルプル

………正直なはなし、これからどうなるのか見当がつきません………

 


バンクシーの絵、1億5000万円で落札直後にシュレッダーで裁断。なぜ?

 

🎴過激さで有名な、覆面 ストリートアーティストのバンクシーさんを↑の記事で知りました。

………凄い仕掛けですね………(⊙⊙;)/

 


バンクシーはガザで子猫を描いた パレスチナの人々の苦しみを知らせるために【画像】

 

📌こちら⇧はネット民たちへの皮肉も混じったコメントも載せてあるのですが、

ひとつ、印象に残った壁に書いた言葉を抜粋しますね🌈

 

 

『強者と弱者の間の紛争を無視しようとするとき、

われわれは強者の側に立つことになる。

中立になるのではない』

 

 

………とても深く感じるものがありました。

 

………しかし、私は「モネの池」に行きたい気持ちが膨らんでいます………

何にしても穏やかな時間を過ごしたい、と願っています:(´◦ω◦`):

 

長い遠回り

昨日は、タイトル書かずに投稿………

焦っているのが丸分かりな失態です:(´◦ω◦`):

アメブロではアップ時に『タイトル書いてください』とか表示されるのですが、はてなではノープロブレムなようです………

f:id:paraxlan:20181006154125j:plain

なんか幻想的で、インスタレーションぽい我が牛舎の中です。

思わぬ視覚的喜びは日常の中に、という表れでせうか………

 

 

🍓。・゚♡゚・。🍒。・゚♡゚・。🍓。・゚♡゚・。🍒

 

 

昨日の続きですが、その前に、ですゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ、ソレバッカリヤナ!

 

 

🍓。・゚♡゚・。🍒。・゚♡゚・。🍓。・゚♡゚・。🍒

 

 

熊本の震災の後も、しばらく養豚の残飯取りに市内をまわっていました。

(後継の業者さんの準備期間のためです)

市街地、熊本城近く…藤崎八幡宮のそば辺りですかね、お寺さんが密集していまして。

渋滞…いや復旧工事🚧⚠️のためでしょうか(うろ覚えです💦)迂回するのに車一台分の車幅しかない小路に入った日がありました。

入ってすぐに両脇にお寺さんがある、という密集ぶりです。

すると、トラック🚚の窓は閉めていたのですが、お線香の良い香りがフワフワーンとしまして。

あれ?と不思議に思って、念のため運転中の弟に聞きましたけれど、『何も匂わないよ?』という………

香りがしたとき考えていたのが、『先日亡くなった猫の供養をしたいけども、"伊勢白山道式"を始めようかどうしようか………』でした。

震災前に急激に弱った若い猫を家で自分なりに頑張って看病(?といえるのか疑問ですが…)していて、震災後にとうとうお星さまになり………

とても人懐っこい、おとなしい、丸々ふにゃん、と可愛さが半端ない(←病院へ連れて行けず自己治癒力を期待していた情けない親ですが、親バカ目線です)女の子で。

前々から、仏壇とか信仰心すらもない家だったので、先祖供養をするなら"伊勢白山道さん"はハードルが低くて、こんな自分でも続けやすいという点で始めたかった供養法でした。

しかし、宗教ではない、と分かっていながらも踏ん切りがつかずにいて。

きっかけが動物供養なので、ご先祖さまに申し訳ないな、とかも思いつつ………

それが、この『匂わないはずのお線香の香り』でご先祖さまから後押しをいただいたように感じたのです(*´艸`*)。

早速Amazonでセットを購入して。

始めてみると、1日最高2回まででそれ以上はお祈りはしてはいけないのですが(←それ以上の回数はご先祖さま達への依存を招くためです)、やはり3回、時間を作れるのなら4、5回したい勢いで祈ってしまっていました(´▽`;)ゞ

現在は1日1回で、同じ時に沖縄のノロさんのところから購入した水晶玉🔮(←この事についても別に話す時が来るかも知れません)に『自分だけの神言葉』を唱えて、こちらには動物たちのこと………生きている子達、亡くなった子達の幸せを願っています。

基本的に、"伊勢白山道式"ではご先祖さま達に感謝するご供養が主であって、『お願い事』はしてはいけないので沖縄の白龍神さまにお頼みしています。

 

 

🍓。・゚♡゚・。🍒。・゚♡゚・。🍓。・゚♡゚・。🍒

 

 

………それでは続きです💦

 

沙久良さんのセッションを受けるようになって。

去年の末に、『家を出なさい!』と迫られました。

お風呂にも入らせない、大人になった子供の行動を制限するという父親から離れなさい、という話でした。

父が"アスペルガー"かもしれない、と自分的には親との縁をそんな理由で切れない、というニュアンスで言ったのですが、『余計です!(立派な離れる理由です、という意味です)』と念を押されました。

しかし、私は龍さん達からは『出るな』と言われてましたし、健康面や能力的な心配があり………戸惑ってしまいました………

何よりの心配事は犬達猫達を置いては行けない思いがあったので、今までの引き取りを断られた事を簡単にですが伝えると、

『捨てなさい!』

と………『猫は野良でも立派に生きていけるんです!』『そんな状態で飼うこと自体が虐待です!』と矢継ぎ早に言われました………

………………………………………………

この時思ったことは………

ウチの豚舎のそば(といっても畑何枚か挟んでいます)に同業者のとても大きな豚舎があり、残飯もウチは主に病院が多かったので質素なのですが、その大きなところはレストランなどからも取っていたのでお肉やお魚がたくさん入っていました。

そこでは、従業員の人達みなさん、野良猫にポイポイあげていました。

そこに集う猫達は皆大きく強そうで………

ですからウチに来る猫達は、そこの争奪戦に加われない、弱い猫ばかりが来ていました。

父は、残飯を狙う猫達に石を投げつけ追っ払っていました。

私は、周りは広い畑ばかりで………そんなに長くは生きられないだろう猫達に情をかけてしまいました………

実際長生きした子はいなく………腹を空かせて怯えて暮らす子達にせめて短い間でも食べ物のこと、安らぎなどを与えたい、と思いました。

冬にはコソコソと?大きな段ボールに安売りの小さな毛布などをたくさん敷きこんだりしましたが、入ってくれる子、入らない子がいたり………

休み時間に漫画を描く努力はしていましたが、一向に捗らずに焦りばかりを募らせて………

そんな事を走馬灯のように思い出し………

 

そして、セッションを受けている時期は12月………

ただでさえ弱い子達が亡くなるまでの間………

寒さに震え………

腹を空かせ………

私という人間を待ち続けて………

亡くなるまで………

寂しく辛い思いをして………

 

………駄目でした………

"私には捨てることは出来ない"

と思ったその時、

新聞で、動物愛護センターの特集があったのを思い出しました。

………熊本は、殺処分ゼロを誇る県ですが、

そこに書いてあったのは………

『野良猫は無視をしてください。可哀想だからと愛護センターに持って来ないでください。』

といった内容の文でした。

………………………………………

 

これが現実………

"持って来なければ殺処分はせずに済む"

ただの命のたらい回し………

この文を読んだ時のやるせなさが蘇りました………

 

………………………………………

 

………神様は?

神様は小さな命を助けてくれないの?

 

私についている神様達は何を考えているの?

最初のセッションの時………

『お金の事は健磐龍さんに甘えなさい。』

と言われて………

龍さんとちゃんと愛し合うことが出来たのなら、犬達猫達に健やかな生活をさせてあげられる………と本気で思っていました。

アドバイスされた『神様絵』を描くことをさせるために、描かせなかったんだ…と。

 

(彼等と話が出来る前は、当たり前のように描いていました。いつもチラシの裏やら白い紙さえあれば描いてばかりいたんです。いつも、いつもペンと紙をそばに置いて暇さえあれば描いていました。それが、母が家を出て大変な時期を過ぎた後も漫画を描いて投稿するのを頑張っていましたが………彼等と話すようになると、まずペンが『動かない』、手が固定されたように紙に触れても『線にならない』のです。………最近になって『いいねボタン』が押せないのは私が緊張しいだから、ではなく絵と同じように『させないようにしている』と知りました(T_T))

 

………どれだけ、絵が描けなくて彼等と喧嘩しただろう………

『ふざけるな』

『ちくしょう』

『アタシから絵を取ったら何も残らないんだよ』

『描かせろよ』

『どうして描かせないんだ?』

『何が狙いだよ』

 

ずっと………ずっと………

 

………そんな事まで思い出して。

涙が溢れて、声が詰まって………

私が答えられない間、沙久良さんは黙って待ってくれました。

………あぁ、神達の野郎、試していやがるのか?

悔しさと悲しさ、怒りを通り越して再び感じる自分の情けなさ………

………あぁ、私、絶対この子達を捨ててはいけない、と不思議と覚悟が出来ました。

 

 

そして、気力を振り絞って、やっと。

『………出来ません………捨てられません………』

と答えました。

沙久良さんは、

『………あなた頑固ね!』

と呆れたように言いました………

その言葉を聞いて、

"………?そういう問題なのだろうか………?"

とふと思いましたが、その後は本題である『神様絵』の話をしました。

 

その話でも腑に落ちなくて、感情をあらわにしてしまい………

最後は何だか『龍さんに仕組まれたね』で終わりました( :゚皿゚)

 

もう………私の中でこんな私でも愛してくれる龍さんをいとおしい、と思う気持ちと、それでも情け容赦なく思われる仕打ちに恨んでしまう気持ち………その2つの感情にそれからも振り回され続けました。

 

 

 

🍓。・゚♡゚・。🍒。・゚♡゚・。🍓。・゚♡゚・。🍒

 

 

 

ここで、遠回りしたお話は終わります。

次回、本題に入ります_:(´ཀ`」 ∠):_な…長い………

 

f:id:paraxlan:20180927184545j:plain

んー、困っちゃうな………

 

未だ成らずのぱら観音、只今心の傷を抉り抉り中(ヽ´ω`)………

だいぶ更新が空いてしまいましたねぇ………(T_T)

 

 

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

 

〖台風被害に遭われた方々の、安心な暮らしが早く出来ますよう祈っています。電気、水道…落ち着いて食事できる環境は大事ですね………そして、次の台風の被害が少なくて済みますようにとも願っています。〗

 

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

 

 

f:id:paraxlan:20180927185812p:plain

『思いがけず押してしまった😵💧』を"2回"して出てきた画面です………

心ここにあらずな数日でした(´TωT`)

 

前回を挟んで一週間くらい力仕事をした後、間髪入れず生理が始まり。

疲れがひどくて書けない状態が続いてました。

 

今回のブログ記事は、今更ですが私を人間としてどうか、と疑い、嫌悪感が出てくる方がいるだろう、という前提のうえで書きたいと思います。

 

『どうしてこんな自分が観音さまになれるの?』と一番に疑ったのは、他ならぬ自分で。

過去を思い出すのにも、辛すぎて度々思考が停止して、やはりどうしても自分を責めてしまうのを後ろさん達になだめてもらいながらの『作業』でした。

 

前々回の記事の終わりは、

 

「その基準にしておる『自分』という存在は、所詮は『1人の存在』、いろんな経験を積もうとも『ひとつの考えの持ち主』なだけだ。」

 

でした。

が、すいません💦

ここで、遠回りのような話をします。

 

 

私の家の飼い犬、飼い猫事情を先にお話させてください。

 

まず、ウチは犬の散歩をしません。

父は、『犬は経済動物じゃない』、を理由に番犬として飼っても犬達に時間を割くことを極端に嫌います。

私は始めのうちは意地で散歩をさせていたのですが、その時ほぼ年中無休の母の食堂の家事手伝いで、対人恐怖のところも多少あって、満足にしてあげることがかなわなくなってきました。

とにかく家を出ないと犬達に良い暮らしをさせられないと思い、漫画を描きたいと焦るのですが………ボーッとしてる暇があるなら店を手伝え、という環境で。

当時、手紙のやり取りをしていた友達から、『家業があっていいね。ウチは働けって催促が厳しいよ。』との返事が来て、逆に羨ましく思いました。

しかし、こんな環境も、乗り越える人は乗り越えられるのだろう、と自分が情けなくてたまりませんでした。

発達障害特有の『臨機応変さが無い』、『過集中』とそうでない時の差の激しさに自分自身が振り回され………

目に入る情報を上手く捌けずに疲れてばかりの日々。

そうするうちに父の方の畜産業の手伝いに回され、さらに体力的にしんどい事をするようになりました。

ウチの犬達の餌は、買う事を許されずに主に豚達のために集めに回った残飯から取っていました。

当然、犬達には毒になるネギ類やら、魚や鶏の骨、蟹など甲殻類の殼などたくさん入っていましたので、いちいち取り除いていたんですが………

そうすることで時間を大幅に取られるので、よく叱られていました。

『そのままやれ!』と。

それでも病院に連れて行けないので、冬は吹きっさらしの中、震えながら残飯を選り分けていました。

犬小屋も、父手作りの『壁がない』、ただ雨がしのげればいい、だけの屋根がついているだけのもので。

しかし雨が降れば犬達のところに流れ込んで、グッチャグチャです。

父に隠れてコソコソと防寒・防風対策を仕事の合間にせっせとして………弟に叱られたり。

今は、養豚をやめているので、空いた部屋に入れています。

その時も、『犬小屋あるのに豚の部屋に入れるな!』と家族の反対にあいましたが。

もう残飯も無いので、ドッグフードを買うことが出来て、栄養面の心配はすることがなくなって一応ホッとしている現在です。

他にも………いろいろ、いろいろとありました。

たくさん、たくさんありました。

………この二十年もの間に、亡くなった犬猫たちを思い出しては悲しみに暮れ、生きている子達のために頑張ってきたつもりでしたが。

動物愛護の立場の方からキツイ言葉をもらったこともあります。

以前、家で迷子の子猫を保護したとき、熊日新聞のタウンパケットという広告スペースに飼い主募集を載せようとしました。

しかし、私のケータイではエラーだか何だかで出来ずに、直接熊日の販売センターへ載せ方を教えてもらいに行ったのです。

行くと、話の流れで近場の動物愛護センターに行くように勧められましたが、センターでは受け付けを拒否され………

そこで、熊日の方々に、ある愛護活動家の方を紹介してもらい、お会いすることが出来たのですが、その時にはもう子猫は息を引き取っていました………

その時に、子猫が捕まりやすくなっている時はすでに弱っているので、助かる見込みは少なかったろう、とか他にも色々教えていただき、

愛護センターもあてにはならないよ、との忠告ももらいました。

もし、私にお金やら時間の自由さえあれば保護した時点で病院へ連れて行けたのに……という悔しい思い出を残しました。

 

そして、2年くらい前に、家族から犬達を捨てに行く、猫も捨てる、覚悟しておけ、と言われる事態になり………

気が動転しながらも、以前保護した子猫の時にお会いした、愛護活動家の方に電話をして事情を話しましたら、当然断られまして………

以前会ったことを覚えていらっしゃらない上に、飼われている状態を聞いて怒りだしまして、

『その前に動物愛護センターに相談したのか?』

『こっちもそんなの受け入れられないよ!』

『あんたは飼い主失格だよ!』

………ずっと、そのことで悩み続けてきて。

あまりの正論に返す言葉も無く、必死で謝罪と、犬達の行く末のために頑張ります、と言うのが精一杯でした。

やっぱり泣いてしまい、相手の方が躊躇されたみたいで、

『………うん、頑張りなさいよ………どうしても駄目だった時にね、また連絡して………』

と言ってくださいました。

電話を切った後、すぐに動物愛護センターに電話をしましたが………

やはり同じ対応でした。

それから怒鳴り声をあげられながらも、踏ん張って犬達を捨てられないように、今まで以上に仕事に励みました。

その前の年に、夏場の作業で無理をして肺を患ったり、持病のようになっている血管性迷走神経反射(当時は名前を知りませんでしたので、予防法など分かりませんでした)に振り回されて心身ともに疲れはてていましたが、一生懸命頑張りました。

そうしてなんとか落ち着いてきた、という時に熊本大震災に見舞われました。

避難所ではペット同伴の問題、動物愛護センターでも犬猫たちの保護活動の大変さが連日報道されて………

『あの時踏ん張って良かった………』

と、心から思いました。

県の保護センターも収容数を大幅に越えていましたので、迷惑をかけずにすんで良かった………そのことだけは胸を撫で下ろして………

 

2016年は激動の年でした。

4月に地震、10月に父が脳梗塞で入院、それから牛舎で飼っていた老犬二匹が冬の寒さに耐え兼ねてか相次いで弱り………

幸か不幸か、父が不在であったからこそ出来た老犬介護で。

仕事の合間にこまめに汚物の処理、カイロを絶え間なく仕込んだり、牛舎にはコンロの類いはなくポットのみでしたので湯煎で流動食を作り………

病院へ行くたびに泣いていましたが、帰れば考え込む暇無く動き回り…の日々。

そんな時に牛の出産で難産ばかりが続いたり………

6月には養豚をやめていましたが、相変わらず目まぐるしい毎日を過ごしていました。

今考えると、図られたように、父の退院前に老犬たちがこれまた相次いで亡くなりまして………

次は帰ってきた父の世話が待っていました。

………この話はみな不思議がるのですが、父は脳梗塞で倒れる前に自分で異変を感じて軽トラで1人で病院へ行き、そのまま入院して。

今も入浴介助は要るものの、よく軽トラに乗ってどこそこ出歩いています。

元気過ぎて家族が泣くほどです。

対して母の弟、私の叔父は父と同時期に別のことで病院に行き、そこで倒れまして。

重体で体を自力で動かすことが出来ず、会話もままならない状態だったそうです。

今現在は、なんとか会話も出来て少しですが体も動かせるようになった、と今年の始めに母から聞きました。

そんな、体の不自由さを理由に体を動かさずに(手がかなわず、お箸を握れません。しかし、金槌を握ったり軽い作業は出来ます。杖をつくのを頑なに拒みますが、やはり転びやすくなりました)その分口出しが激しくなった父とバタバタ過ごしながらの日々が落ち着いてきた頃。

渡瀬恒彦さんが亡くなり、調べてみますと仰天なエピソードが満載の人だったことを知って。

『こんな面白い人だったなんて!』

と寝耳に水的な。

犬達が亡くなった傷がまだ癒えず、心にぽっかり穴が開いていたところにガチッと、まさしくその通りにハマりました。

私は、アルチュール・ランボーの時もそうなのですが、その人物を熱く語る人の話やブログが大好きなのですf(^ー^;

その人が『大好き!』という気持ちを爆発させて語るエピソードなどに、一緒になって心酔してしまう感じでしょうか。

その点で、アルチュール・ランボー渡瀬恒彦さんは熱狂的なファンがいる、魅力溢れる人物として一致していた、と思います(*´艸`*)

あ、もうひとつ私が魚座金星だからか、『手の届かない人=亡くなった人・アイドルを愛してしまう傾向』があるそうです………

え、いや私はライブコンサートなども行けないので、アーティストさんも入ると思うのですが、アイドルとアーティストの違いを何でつけているのか自分でも分かりません(´TωT`)

うーん🤔、基本洋楽…のロックが好きなので、外国人が好きなのかしら?

そこが、太陽牡羊座9ハウス、月射手座5ハウスらしいチョイスですな!

(海外志向で激しいのが好み、という………(*´▽`*)ゞ)

そしてその頃は、九州王朝を調べたりして日本の神話に興味を持っていましたので、有名どころのスサノオ神とかの話でサイト巡りしていました。

それで、私自身の感想ですが、何となくスサノオ神と渡瀬恒彦さんが重なりまして………

今でもびっくりなのですが、『トリニティ』というサイトで知った、沙久良さんの神様札のスサノオ様の絵が渡瀬恒彦さんに見えてですね………

そこから沙久良さんのブログを読ませていただくようになったのです。

 

 

ここで、一旦止めて、次回に(´▽`;)

 

フランスに占いの取材…

f:id:paraxlan:20180925183608j:plain

🔼これは21日のお月さまです(*´▽`*)ゞ

前々からお月さまの写真を撮ってはいたのですが、同じケータイカメラ📱💥なのに最近はビカビカ✴️に写るので撮りまくっています(*´艸`*)

f:id:paraxlan:20180925183649j:plain

🔼⏸️🔽この上下は22日です。なんか筋が増えています🔆!

まるで太陽☀️のようです(*´ω`*)

f:id:paraxlan:20180925183730j:plain

🔽は24日、「中秋の名月」です🌕🌾🍡🎑

f:id:paraxlan:20180925183829j:plain

光の強さは撮れるのに、周りの彩雲は上手く撮れませんでした(´TωT`)

七色に輝いて綺麗でした🌈

 

🚜昨日、一昨日は力仕事をしまして疲れがひどくて書けませんでした(´▽`;)ゞ💦

今日もして、これからも3日ほどは力仕事が続きます………

今日は指の根元にマメができるくらいスコップ作業しました。

 

集中力がなかなか出ないので、書けても今回のように今までの続きが書けない、と思います。すいません😣💦⤵️………

 

なのに。

 

アメブロで、桜井識子さんの占いを早速チャレンジしました🐥

 

計算がややこしくて(ヽ´ω`)<数学なんてもってのほか…

合っているのか分かりません

難しかったのですが!出てきた宇宙運命数は

「3」のケンタウルス座でした🎠🌌

 

一匹狼🐺タイプで1人の方が実力を発揮しやすい…、と。

 

………昔から、みんなの足を引っ張る厄介者ではありましたが………(´TωT`)

 

"周囲が腰を抜かすくらいの大成功をおさめる可能性を秘めている"

 

………………………………………

 

よし頑張ろッ!

 

 

🇫🇷 🇫🇷 🇫🇷

 

 

タイトルは。

識子さんが、占いのためにフランスまで取材しに行かれたとのことで。

f:id:paraxlan:20180925194303j:plain

このブログを書く前に、思わず。

我がパワーウィッシュノートに

 

「龍さん、海外旅行に行かせてくれてありがとう!」

 

と勢いつけて書き込みました。

他にも海外旅行関連をバンバン………!

 

 

🇫🇷自由!平等!博愛!えいや!

f:id:paraxlan:20180925195942j:plain

………うん、叶いそう!(*つ´・∀・)つ✨

スクショ記念日

f:id:paraxlan:20180922160550p:plain

 

なんとまあ便利なものよ…╰(°ㅂ°)╯!

今日、初めてスクショ(スクリーンショット)とやらの仕方を知りもうした………

もっと早くに認識しておれば、小汚ない我がホロスコープを晒すことも無かったであろうに(≧口≦)ノシ!!

 

名前は知っていても。

自分のスマホでこんな簡単に出来るとは思わなかったので、スクリーム(悲鳴)をあげたいくらいショックです………

私のスマホ画面は、奮発して( :゚皿゚)ガラス素材にしたのでひび割れがすごいのです←扱いが雑なための結果。

少しの時間も調べものに充てるためにいつもズボンのポッケ(*´∀`*)ポッに入れたりしていまして。

それに特別装備されている不注意バズーカが威力を発揮しまして。

先日も父から、

「ぬしの電話は割れとっじゃなかか。」

(お前のケータイの画面は割れてるじゃないか)

とか目敏く見つけら…指摘されまして。

 

………………………………………

 

〈『これ簡単でいいね』と私が思ったから九月二十二日はスクショ記念日〉

 

………はい、〈『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日〉のパクりです(*´▽`*)ゞ

 

あ、ちなみに私のスマホXPERIAのSOV35です。

しかし、タブレットauのQuatavなのですが、出来ませんでした。

一応同期が出来るので良かったです。

 

f:id:paraxlan:20180922171549j:plain

スマホに搭載して欲しい機能で↑は実現可能かしら?

こういう立体ホログラム?が出てくればいいですね(*´∀`人)

 

多分、多くの方は『スターウォーズ』とかで観たと思いますが、自分は『宇宙船サジタリウス』というアニメで、中古貨物宇宙船サジタリウス号の隊長のトッピーが、遠く離れた地球で待つ妻のピートの立体ホログラム写真を眺めつつ宇宙輸送のパイロットの仕事に励むシーンで知りました。


宇宙船サジタリウス スターダストボーイズ.flv

影山ヒロノブさんですね(*´艸`*)!!ホント懐かしい!そしてカッコいいです🎶

 

このアニメは大好きで。

ストーリーをwikipediaで読んで、じわじわと思い出し………胸熱でした!

 

 

………………………………………………

 

 

………はい、胸熱は置いといてーッ!🎁💨👋

 

前々回の記事の続きです。

 

「過去生でな、何回も巫女だの神職だの(←前々回は"神職"だけ書きましたが、本当?は"神職だの"でした…すいません😣💦⤵️)を経験した者は偉いのか?」

 

「お前が読んだ本(桜井識子さんの『神仏のなみだ』です)にもあったろう?

別に金持ちでなくとも神として働いとる貧しい男の話だった。

巫女もいて、家族にも神の修行をさせようとしていた………

お前が読んできたブログの者たちは何度も『そういう職業』に就いておるが、何故『神』の道に行かないのか………」

 

「もしも、だ………〖巫女としての仕事〗で失敗をし、多くの者を苦しめる結果を招いたのなら。………罪を償わなければならんだろう。」

 

「そこまでいかずとも、人を、民を、見下す心を捨てられずにおれば…そんな性根は直さんといかんのだよ………そこをな、『何べんも何べんも、直すまで見せられる』。」

 

「『過去生での高貴な生まれ育ち』にしかわからない高潔な精神を持つ仲間で集い、『可哀想でしがない、心も暮らしも貧しい者たち』に、『本当の豊かさ』を見せつけ、『我らとの差』を解らせなければならない。………と、思っておる。これを『傲慢』というんだ………」

 

「貧しい暮らしを強いられている者にも、『高潔な精神』、『美しい心』を持っている者もいる。………その存在を無視しておるのなら、『真実を知らん』、ということだ。」

 

「前に、『世界のどこの国に行っても善人と悪人の割合は同じ』という記事を読んだろう?」

 

(※ずいぶん前の事で、うろ覚えなのですが(´▽`;)ゞ………

世界中を旅しているバックパッカーの男性が、そんなこれまでの体験から考察した記事を読んだことがありました)

 

「日本人の中にも善人も悪人もいるように、金持ちの中にも善人と悪人がいる。

もちろん貧乏な者の中にもだ。」

 

「『会う比率』は違うが、それもその魂次第。」

 

「『自分の知っている』豊かな暮らしをしていない者は、間違った生き方をしているから貧しいのだ………と決め付けておるのだ………」

 

「その基準にしておる『自分』という存在は、所詮は『1人の存在』、いろんな経験を積もうとも『ひとつの考えの持ち主』なだけだ。」

 

「」

 

………はい、ガス欠しました:(´◦ω◦`):プルプル…

次に続きます………(´TωT`)

虹の麓

f:id:paraxlan:20180921171130j:plain

 
検証!虹のふもとに辿り着くことは出来るのか? - ウェザーニュース

 

🌈いつまでもたどり着けない"虹の麓"のような話を書いていますが………

ちょっと一服🍵的に(;^_^A

 

キツい事を言っているのは後ろさん達で、それを書くだけなのですが。

会話を元に、自分なりに「編集」して書いている状態なのに。

毎回、油が切れたように思考がストップします(T_T)

 

書く内容は、その時思い付いたことを読んでくださる方々に伝わるようにタブレットなどに打ち込んでいます。

 

しかし、あまり精神的に良い、とは今の時点では言えない内容であることは確かで。

 

昨日は、思考が切れた途端にホッとしまして(´▽`;)ゞ………

 

今回は、そんな弱気な自分の「本当の目的」を再確認するため書こうと思います。

 

弱気になりますと………

 

「辛い思いをしているのはお前だけではない。これからも出てくるし、それまでもいたのだ。………"悪い念"を送られ、言葉でも追い詰められた者がいた………ここで"断ち切る"ことをしなければならんのだ。」

 

と、言われ続け、私自身の状況も書くように仕向けられている感じです(;><)

(後ろにも追い詰められてるよ!( :゚皿゚))

 

そこで『自分が書く理由』を書いて、自分を奮い立たせようという………ね。と……(´TωT`)

 

 

🌈 🌈 🌈 🌈 🌈 🌈 🌈

 

 

軽く体験談を書きますね😅

 

以前に突然、不動明王真言が浮かんだことがある、と2回位書きました。

その時は"小呪"という短い真言で。

調べてからは"中呪"というやや長い真言を覚えました。

覚えたての頃は、不安なことがあるとすぐに心の中で唱えまくっていました😓

 

そんなある日、日頃はトラックに弟と二人で乗って移動しているのですが、畑作業の関係で父も乗ることになりました。

 

父は普段からおしゃべり好きで、しかも足をばかーッと拡げて座る人なので私は縮こまって、隣で大声で(←父は片耳が聞こえないので自然とデカイ音量です。いや、多分父も発達障害〔おそらくアスペルガーかと…〕と思うので、声のボリューム調節が出来ない点で、私と同じだと考えられます)話続けるので、苦しかったです(;><)←

[要らない情報かもですが、私はヘヴィメタルバンドの〖メタリカ〗も好きで、昔は子守唄代わりにメタリカ

小音量で聴きながら眠りについていました。

ここら辺がHSPの特徴が表れているのかもしれません………

 

そこでまあ、当然の如く心の中で真言を唱えるわけです。

すると、驚くことに。

父のおしゃべりがレベルアップ

ではなく………

ヒートアップしだしまして!

 

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

どーして?どーして?

と一人心の中で悶絶しておりましたら。

 

ふと、

"もしかして落ち着かなくなったから、逆に自分を落ち着かせようとますます喋りが激しくなったのかな?"

と思い、

"なら[落ち着かせれば良い]のかな?"

と気付き、

"えー、と…じゃあ[観音さま]で落ち着いてくれるかな?"

とまで考えましたが、この時はまだ観音さまの真言を知りませんでした。

そこでとりあえず、[観音さまのお姿]を一生懸命イメージしてみました。

そしてずっとお願いしました。

 

…それからまたびっくりすることに。

父がおしゃべりをトーンダウンさせまして!

ついに黙ってしまいました。

 

Σ(´∀`;)こ、これは!?

もしや、お不動さまは『攻撃』という感じで、

観音さまは『優しさで守る』という感じなのかしら………

 

だから、お不動さまの真言の時は張り合うようにしておしゃべりをヒートアップさせていたのか!

そして、観音さまをイメージすると安心して黙ったのか!

 

という、結論を出しました。

 

 

 

f:id:paraxlan:20180921171152j:plain


みずのいろの評判・口コミは?販売店舗・値段・賞味期限や日持ち・食べてみた感想のまとめ - OMIYA! 日本のお土産情報サイト

 

🌈キレイな虹色和菓子です₀: *゚✲ฺ٩(ˊᗜˋ*)و ✲゚ฺ*:₀

 

 

🌈 🌈 🌈 🌈 🌈 🌈 🌈

 

 

もうひとつ体験談を………

 

前に、後ろさん達から私は『菩薩行』をしていることを教えられましたが。

 

その後、小学校の時にボコボコに殴った(←普段宿題を忘れてばかりで、毎回ビンタしているのに直しもせずに、急に馴れ馴れしい態度できたからです。一応、好かれようと思って、当時クラスの人気者だった女の子👧の真似をしたら激怒されました。まあ、空気読めないあるある、でしょうかね(´TωT`)突拍子もない行動ばかりやらかします………)先生のことを思い出した時。

 

(ー_ー;)うーん………当時の私の態度が許せなかったとしても、先生としてやってはいけない行為だったよなぁ………でも、『菩薩行』なんだから私は許さないといかんのだろうなぁ………とか考えたその時。

 

その先生の姿が頭に浮かんだと思ったら、

私が先生のその姿を包み込み、

先生の姿が縮んでいくと錯覚してしまうほどに私がドンドンとデカくなり………

しまいに私自身の姿が『観音さま』になっていました。

 

え?あれ?もしかして、私はいずれ観音さまになるってこと?

………と思って、後ろさん達に聞きましたら、

 

「そうだ。」

 

と………そして後から、

 

「お前の来世は観音だ。」

 

と教えてくれました。

私としては、あと何回か輪廻を繰り返してから徐々に観音さまになるのに相応しい魂になっていくものだと思っていたんです(´▽`;)ゞ

 

 

f:id:paraxlan:20180921193059j:plain

 

🌈まとめです☆.。.:*・°☆.。.:*

 

………そんな経験たちを通して学んだことが、今書き続けていることに役立っている、というか………

 

この体験をした自分だからこそ、「白羽の矢が立った」のだと思います。

 

いつも後ろさん達に言われている言葉に、

 

「『愛』なんじゃよ。『愛』を持って人を見なければならんのだよ………」

 

…がありまして。

結局はそこ、なんだなぁ………と思う次第です🐬

 

しかし、まだまだ書かねばなりません(ヽ´ω`)

これも、経験しなければいけない『菩薩行』、ですね(; ̄ー ̄A

 

なんとか書いていきますわい………🌈

 

 

あえてタイトルなしで…⚡

f:id:paraxlan:20180920165216j:plain

フリー画像です(*´∀`*)

 

今、雷さんが鳴っています。

先程ずぶ濡れになりまして………

以前までしていた養豚の仕事で、梅雨の頃はこうやってしょっちゅう濡れていたなぁ、と思い出しています。

朝早くから残飯取りに市内をあちこち、4、5時間かけて毎日ニトントラックで巡っていました。

大体が外置きで。

屋根や庇があるところばかりではなく、大雨の時は大変でした。

牛も飼っていて、帰って直接牛舎で作業して、次も豚舎で作業するのでずぶ濡れの服のまま働いていました。

ですから、梅雨の間は毎日が禊で。

雨は浄化、というのはちょっと本当かな?とか思うのが、私は体を壊したことが何べんかあったのですが不思議と梅雨の時期はなかったことです。

その分風邪薬をバンバン飲んでいたのもありますが、それは年中でして。

うーん🤔、晴れてると仕事が多くなるのもあったと思いますが、あんだけ濡れて長い時間放置していたのに………やっぱりフシギです(´▽`;)ゞ

後ろさん達に聞くと。

 

「うむ、禊だと思っておけ。それでいい。」

 

「雨に濡れるのも悪いことではない。………そうやって自然を感じることも大切じゃよ。」

 

と、教えてくれました。

 

f:id:paraxlan:20180920173039j:plain

 

さて、ですね(´・ω・`;)

 

「"嫌な人物"に遭ってしまうと嘆く霊能力者たちがいるが、あれは自分で引き寄せとるんだ。」

 

………の続きです。

(;゜∀゜)何で何回も同じ言葉を書かなきゃいかんの?

と疑問をぶつけましたら、

 

「それほど大事なことじゃよ。お前にとっても読む者にとっても、だ。」

 

………………………………えっと、書きます😓

 

「霊能力者に限った話でもないがの。

コメント欄の"荒らし"がいる、という話じゃよ。

あれはな、心の底では"自分には絶対アンチはいる"と分かっておるのが前提としてあってな………

しかしその"アンチ"は『大抵世の中をうまく渡れずに僻んでばかりいるバカだろう』という霊能力者の思い込みからの『引き寄せ』じゃ。

『どうせこの記事に噛み付いてくるだろう』と思い、『こういう奴はどうせ"字を間違えて"コメントしてくるだろう』と思い、しっかりと『引き寄せ』、『ほらな!言ってる事は論点ずれてるし、字も間違えてるよw』という………分かるか?」

 

「最初に『仕掛けた』のは自分だ。」

 

「"そういう条件"に当てはまる者を『わざわざ意識して見下し』、その『相手を見下す、という低い念』にアンテナが立った『同じような低い念』の持ち主が反応して引っ掛かっとるのだ。」

 

「元から『見下す心』などなければ寄っても来ん………」

 

「これは実際の生活でも言えるが………間違えてはならんのが、『見下す心を持っているから』嫌な人物に会うのか、『気付きを与えるため』会ってしまうのかは全く別なんじゃよ。」

 

「まずな、『相手を叩こうとする低い念』の持ち主に対してどう思うか、を知らねばならん………」

 

「何故、文句を言いたくなるのか、だ。

………人はな、いろんな経験をし、そこから様々な感情を抱き、行動していく…を積み重ねて生きている。

ひとつの出来事に、過去良い思いをしたか、嫌な思いをしたか、はたまた何も思わずやり過ごせたか………その積み重ねで性格など段々と違いが出てくるだろう?」

 

「"嫌な思い"をしたから"嫌になる"は自然のことじゃよ。………しかし、自分は"上手くやってきた"。だから"嫌な感情になる"のは間違っている、と相手の『嫌な思いをしたけれども生きてきた、という人間としての尊厳』を傷つけておるのだ、先に。」

 

「"上手く生きてきた、頭のいい自分"をアピールされたら、人生上手く生きられなくて苦しい思いをした者なら普通に、嫌になるぞ。腹も立って当然だ。」

 

「しかし、だ。その"上手く生きてきた"は生まれた時に設定したもの。『理由があって設定したこと』なのだ。『人を見下すため』ではない………」

 

「前々から言っておるがな、普通に"成功体験"が多いと自信は比例してたくさん付くじゃろう?そして"成功体験"が少ないとなかなか自信は付かん………

『大きな事』を成し遂げるのに、少々の失敗で落ち込んでいては進むものも進まんのだ。

『大きな事』のために金が要るなら金が手に入りやすい。金の勘定をしなければならんのなら計算が出来る頭を持って生まれる。苦労の末に金持ちになった、のは苦労を経験する必要があったから、だ。

………では、出来ない者は?苦労を重ねても金持ちになれない者は?苦労が足りないのか?やり方が悪いのか?

そして………『金持ちは正義』か?人間みな金持ちにならんと『真の人間になれない』のか?」

 

「過去生でな、何回も巫女だの神職を経験した者は偉いのか?」

 

 

………今回はここまでです😓すいません…

 

 

 

 

 

 

ママも入って❣️👼

ふぅ………昨日はすいませんでした😣💦(←おとといになりまひた😅)

「」

↑の記号を画面に出した途端、本当に頭が真っ白になったんです。

Σ(´∀`;)あれ!?あれ!?

ってなり思い出せず………

夕方の作業の時間になってしまい。

後はタブレットからスマホに変えて、一段落ついたときに再び書き始めたのですが………

文を読み返して、ちょっと手直しや書き足しをする程度しか出来ませんでした(TДT)

まだ用事があったので、とりあえずアップしたんです(´▽`;)ゞ

 

今も、思い出せず………

後ろさん達は「それでいい。」としか………:(´◦ω◦`):ウゥ…

 

 仕方ないのでε-(;ーωーA フゥ…思い付いたものから書きます!!

 (なんじゃあそりゃあ!と自分で突っ込んどきま………)

 

 

ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ

 

 

まだ歯の治療中、外出できていた頃の話です。

治療のあと、買い物のためにディスカウントストアに寄りまして。

先にトイレ🚾を済ませていたんです。

大…でして、しばしの間籠城していました………

すると。

子供👦が二人(…と思います😅)とお母さんが賑やかに入って来ました。

お子さんも大、のようです(;^_^A

お母さんは、

 

「なんで早く言わないの!」

 

と、困った様子で、お子さんを急かします。

それで、個室に入らせようとしましたら。

 

「ママも入って♡」

 

… と、

f:id:paraxlan:20180918173012j:plain

天上から(隣のトイレの個室から) 

天使の声が聞こえてきました。

 

 

……………………………………………

 

………ひ、ひ、ひ、ひ、………

 

ひぃやあああああああ!!

(ノT∇T)ノ )))))!

た、たたた龍さん!てッ天使の声がッ天使の声が!聞こえたよおおおお!どッどーしよーーー!!?

 

 

も、物凄い破壊力でした………が。

 

「………お前………お前は日頃わしら、神達の声が聞こえとるのに何を驚いとる………」

 

と、これまた物凄く呆れたように言われました………

そしてお子さんにおねだり?されたお母さんも。

 

「もうッ、仕方ないわねぇ!」

 

と言いつつ、満更でもないようで一緒に個室へ。

それから、また楽しく会話をしながら用を足されていきました………

その間じゅう壁をガッコンガッコン蹴る音を響かせながら。

途中、

 

「わ!う○こくしゃあい!」

 

と、聞こえたときは、

 

わ…我が…○この臭いが天使に届いてる!?

 

や、ヤベェ!!と思ったもののどうにも出来ず………

 

親子さん達が出て行かれたのを聞き耳すまして確認したあと、

トイレ🚾の個室の上部に置かれた消臭スプレーを爪先立ちで押しました(*´艸`*)。

 

………いやあ…やっぱり実際に『音』として聞こえる天使の声は凄まじいですね!

 

………と、いうことで。

 

 

シチュエーションCDを一度聴きたくなったのですよ………!

 

 

天使の話から欲にまみれた話に着地。

 

や、や、高いヘッドホンなぞ買えないのですが!

(万札何枚か要る程の╰(*´︶`*)╯♡←使うトコロ違う?)

臨場感溢れる悩ましい吐息というものを体感してみたいのです………!

好みのシチュエーションで、上手いリップ音や攻め(責め?)のセリフで追い上げられると、たまらなくてイケる………と………!

 

 

………………………………………

 

 

最後に癒し画像を。

f:id:paraxlan:20180918171842j:plain

荘厳です………

もう眠いよ…パトラッシュ………

すいません😣💦

 

 

ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ

 

 

………と、昨日ここまで書いてアップまでしたんですが。

10分で下書きに戻しました。

 

昨日のお昼の休みは結構時間があったのですが、眠気と戦いながらブログ巡りをしてしまいました。

( ̄_ ̄|||) どよ~ん………

しかし、夜の作業がハードだったのでこれで良かったような気がします。

今日も、成牛の競りがあって大忙しだったので疲れてまして、短文になります(;A´▽`A💦

ただ、今の私の状況は、後ろさん達にいわせると

 

『大人の弱いものいじめをされている』

 

だそうです( ;∀;)

現在の『標的』が私なだけで。

霊的攻撃を受けて心身共に弱り、まさしく『不幸』の状態になれば(今も微妙な感じですがッ!)"気分次第で"次の『獲物』にスライドするだけだと………

 

『何コイツ………』

『調子乗ってるわね』

『まあちょっと褒めるとつけあがるのよ!』

『やっぱりアメと鞭使い分けないと』

『どうせ気が弱いから言い返せないでしょ』

『灸をすえんとアカンやろ』

 

↑この順番、だそうです。

相手が言い返せないのを見越して『わざと分かりづらく、遠回しに』相手に文句をブッ込んでくる、と。

要するに『嫌みたらしく』ですf(^_^;

周りに気付かれないようにチクリ、チクリと(←ここも重要でして。)とイヤミです。

 

私は格好の餌食で。

友達と疎遠になり、交遊など出来ない生活をしていると知っていて、やるんです。

 

『褒めて、貶す』

 

が常套手段です……

この事は、後々詳しく書いていこうと思いますが、まずはこの内容↑を覚えておいてくださると全体像の理解に繋がるということらしく……よろしくお願いします💧

 

🌼🌼🌼

 

「"嫌な人物"に遭ってしまうと嘆く霊能力者たちがいるが、あれは自分で引き寄せとるんだ。」

 

で前回終わりましたね( ;∀;)スイマセン!

次回に回させてください😓💦

しち