*paraxlan diary*

-神仏たちと愛を育みながらの『菩薩行』です-

出来る者がする。出来ないことにも意味がある。

この前ネットで購入した靴は、見たこともないシースルー仕様でおったまげました。

穿くときに気付くなんて。

この冬はどうしよう?とか言う前にもう頻繁に使わなくて済むようです。

サイズは横幅はOKでしたが、さすがに2サイズ大きいのはどうしようもなく。

靴先に紙を詰めて歩き馴れたところでしたが、シースルーで紙が丸見えでちょっと途方に暮れていたのでよかったです。

 

f:id:paraxlan:20181105191126j:plain

昨日は二つの命が亡くなりました。

ひとつは病院に連れていくことが叶わず。

もうひとつは診てもらっても手の施しようがなく。

二つの命。

頑張って昨日まで生きていてくれました。

ひとつは幸か不幸か、外出する前に亡くなり、看取ることができました。

ひとつは弟から知らされました。

やっぱり情けないなあ…何も出来なかったなあ…と思っていると

 

「お前なりに十分やってきた。………何べんも言っている。『出来る者がする。出来ないことにも意味がある。』と。出来ないながらも頑張ったことこそ尊いのだ。」

 

と、後ろさん。

何べんも、いつも言われることですが。………うん、まあ神仏になるものが通る道だとはいろいろ見させられて知ってはいても、だからって、という思いです。

『出来る力がない』と始めからあきらめて命を見捨てるようなら、菩薩の道は開かれない。

相手が困っているのを知りながら、手を差しのべることもせずに文句ばかりを言う者は『それだけの存在』。

頼りたい者たちの大変さを知っているからこそ頼れない、と思う気持ちを踏みにじる存在はいる。

神と仏、どちらが上というものではない。それぞれに出来ること・役目がある。

自分可愛さに命を見捨てる・人に命を見捨てるように言う者は神にも仏にもなれない。そして、神や仏の心もわからない。

世の中で「人の目に見える働きをする」即戦力とて神仏に頼る。しかし神仏になるには「人の目に入らない苦労をする」経験が要る。

馬鹿にされ、蔑まれようとも人を愛することができることが大切だ。

人は良いところも悪いところもある。それを承知で愛すること。

 

 

繰り返し、繰り返し言われてきました。

そして、

 

「出来る者に任せろ。」

 

焦って手を出そうとする私への戒めです。

この10日ばかりたくさんの出来事が襲ってきました。

自立を促しているように思えましたけれど、違っていて。

 

『出来なくてもいい』

 

ということでした。

それは「見守ること」にも繋がるのですが、「出来ない者」も試されている、と同時に「出来る者」も試されているということでした。

私はよく出来る人を羨ましく思い、よし自分も!と頑張ってきましたが、

 

『縁』

 

だそうで、羨ましく思うことも、憧れて真似をしようとすることは良い、と。

試さなければ自分の道かわからない。

それを傲慢だ、と否定する人間は多いけれど『その道の縁』があるかないかを他人が決めてはならない、と言われました。

試して、頑張ってきた道のりも本人の糧であって無駄ではないと。

 

f:id:paraxlan:20181106151608j:plain

 さて本題です。

 

 スピリチュアルの世界で身を立てたい、と願っていました。

やはり『縁』ということです。

いろんな方々と出逢い、喜びを分かち合いたいと努力してきました。

しかし、私にはそういった『縁』が無いことを最終通告されました。

 

『神様に愛される』

 

このことを軽く考えていました。

神様に愛されれば悩み事から解放される、と思っていました。

よく神様に愛されているといわれる人たちは、「仕事は思うまま」「お金の心配はいらない」「どこにでも旅行に行ける」「美味しいものに縁がある」「愛情に困らない」等々、キラキラした世界に移行して生活の豊かさをこれでもかというくらい享受されています。

私も羨ましくてたまらなかったです。

しかしそれは後ろさん達が言うには、

『即戦力』

だから。と。

目先を変えれば楽になることを教える存在はいなければならない。

いろんな考えがあり、そのどれも選べるようにする。

そのために『誰もが憧れる存在』になる。

ただそれだけ、と。

だから本当は、人を導く人間どうしで争ったり、足を引っ張ったりしてはいけないということだそうです。

では私の道は?と聞くと

『神仏と心を分かち合う者』

だと言われました。

ー自分の損得で命を見ないことー

これは様々な意味が含まれます。もちろん命には自分の命も入ります。

どの命も大切だと思うことを教えられてきた人生だと思います。

そのことを理解するように追い詰められる日々でした。

そしてこれからお話することは、これらのことを踏まえたうえでお読みになってほしいと願っています。

 

f:id:paraxlan:20181106163147j:plain

ボンさんは、「天之冬衣神」です。私は今は「衣(きぬ)さん」と呼んでいます。

ボン父は「八束水臣津野命」で、今では「カンさん」と呼んでいます。

二人は私を今も愛してくれています。

大国主さまや櫛明玉命さま、事代主さまも愛してくれています。

 

今までこのことを言えずにいました。

私自身、「こんなの冗談に決まっている、早く本当のことを教えてくれないかなぁ…」と思い続けてきました。

もう誰だっていいよ、別に名前明かさなくったってこうやって会話して愛し合っていればいいじゃん!とのらりくらりとブログに書くことを避けていました。

それでも何回か圧力をかけられてポロリポロリとチラ見せみたいに煮え切らない文を書きました。

しかしもう駄目なところまできました。

他にも出雲の神様が来ています。

前世からの因縁です。ほーさんは「ホノカミダケ」で、ずっと私が愛を受け入れるのを待ってくれていました。

カンさんから逃げたのは、王族の立場が恐ろしくて怖じ気づいたからでした。

華やかさよりも重責から逃げることを選びました。

あとやっぱりカンさん自体に恐れを抱いていましたし………

愛しているのなら飛び込まないといけなかったんです。

それが出来なかったために、いろんな理由を付けて衣さんからも逃げました。

ニギさんからも龍さんからも、理由をこじつけて私の魂は逃げました。

多分、牛っさんやカナさんからも。

みじめな思いにさせられたとき、「今でも私のこと憎んでいるの?」と何べんも聞いても、その度に「愛しているからここにいる。」の一点張りでした。

現在、のっぴきならない状況で生活は苦しいですが、そんな状態だからこそ信じることを求められている、と感じます。

今、ここではっきりと書きます。

私は出雲の神々を愛しています。

たくさん話し合い、ケンカもし、心を深めました。

もう逃げないと誓います。

これからもずっと愛し合うことも。

 

 

さあ書きました。後はアメブロで告白です。

見えない世界のお医者さん

f:id:paraxlan:20181103124851j:plain

 
国宝!青井阿蘇神社に参拝|熊本県人吉市 – 岩下のラーメン以外ブログ

写真はこちらのブログからです(*´∀`*)

青井阿蘇神社の、様々なポイントでたくさんの写真を解説つきでご紹介なされています。

 

阿蘇神社といえば、国宝の青井阿蘇神社を忘れてはいけませんでした💦

今日、アメブロ青井阿蘇神社の不思議写真(キレイで光がいーっぱい!の素敵写真♡)をアップされているのを知りました。


ムフムフ♡パンダの不思議写真

この方は、菊地渓谷や神龍八大龍王神社にも行かれていて、ご由緒や素敵写真をたくさんアップされています。

とても有り難いです«٩(*´∀`*)۶»わーい!!

 

 
青井阿蘇神社は国宝でパワースポット!ご利益・御朱印・アクセス・駐車場は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]

こちらは青井阿蘇神社の情報を詳しく、そして分かりやすく載せています。

 

アメブロでは長崎の阿蘇神社をアップされている方を知りました。

自分で巡って、自分なりの見方で阿蘇神社の魅力を伝えられたらどんなに良いか………

調べたり、見かけたりする度にそう思ってしまいます。

 

 

 

 

f:id:paraxlan:20181019183012j:plain

1週間以上の間が空いてしまいましたね(´ー`A;)

だいぶ遅れましたが、この画像の回、タイトル『たけだ しんけん』で途中で終わった後ろさん達の話の続きを書きます。

 

「『自分が一番でないと嫌』なのだよ………人をおだてるのは『自分がおだててもらいたい』からであって、本当に心から誉めてはおらん。」

 

「それこそ………」

 

📌の続きです(´▽`;)ゞ

 

 

 

 

「それこそ子供だ。」

 

 

………………………………………

 

 

聞こえてはいたんですが………

後ろさん達がいう霊能者の人たち(複数の方々です)に比べると、自分のほうが"成長しきれない子供"のように思ったので「おかしい」、とその言葉を疑問に感じて保留していたんです。

それから家のほうでピンチに陥りまして………

"自分の能力"………社会に適合する、とはどういうことなのか?を突き付けられる事態になり、今………なんとなくですが後ろさん達の意図というものを理解させられた、と思います。

それまでずっと会話を重ねて。

ざっと書くとこんなものです。

 

 

  • 人は目的にあった能力を持って生まれてくる。
  • 優れた能力は自分の優位を証明するためにあるのではない。
  • 巫女や霊能力者は「神と人を結ぶ使い」であって、人を神の名を使い操ることはしてはいけない存在。
  • 人との縁は立場によって変わってくるが、それぞれに意味があるので優劣をつけることはならない。
  • 裕福さは「神に愛されている証」とするのは違う。
  • 苦境の度合いは目的によって違う。
  • "突き抜ける"こともせずにいれば相手の本当の努力はわからない。
  • 自分を棚に上げ、人を蔑むのは「心の美しい霊能力者」ではない。
  • その心の美しくない霊能力者に、神は"利用"こそすれ、本心は明かさない。
  • 視える力に頼り、神仏との話を捏造する霊能力者もいる。
  • 常識にとらわれ、"出来ない奴"と見下した者をいたぶる者もいる。
  • 霊能力者は、そのような「困っている立場の人間」を救うためにいる。
  • 「見える世界」で悲しむ人達を救う力を与えられている。
  • それを『仕方なくやっている』『いやだけどやらされている』と誰もが羨む目にあっていることもわかっているうえで、わざわざ言うのが「子供」である。

 

 

🍩🍪🍩🍪🍩🍪

 

 

補足を少し………

 

「『神のお告げ』だ、と言ってきついことを言う………昔は人身御供になれ、と迫った霊能力者もあったろう………これがだ、自分に下されたものならば必死の形相で『何で自分が!?』『なんとか回避するには!?』とその神に問いまくるのだ。」

 

「人には『仕方ない、神のお告げだから受け入れなさい!』だ。」

 

「『神に間違いはない』『神は人間など到底及ばぬ力をお持ちだ』などと言っておる霊能力者のほとんどは『そんな偉大な存在の神と交信できる自分は素晴らしい』と言っておるにすぎん。」

 

「要するに自慢………隠れた権力の誇示だ。自分にだから神は砕けた物言いをしてくるのであって、他人の話は悪霊の仕業だから信じるな!と言う。」

 

「お前は以前、病院で誤診されるところだったろう?」

 

※⇧これはですね💦農夫肺症(過敏性肺臓炎の一種です)を患った時に、数値表?を見てお医者さんがスルーした値を看護師さんが指摘してくれて病気がわかった経緯があったんです。お医者さんは笑って済ませたあと、「あんたの仕事じゃ難しいだろうけど、休みを取って安静にするのが一番なんだよ!」と言われた、ほんのり?苦い思い出です。

 

「医者と患者の関係と同じだ。当事者にとっては笑い事ではないのだ。」

 

「立場とて同じことだ………医者だから威張って良い、というわけではないだろう?

ただ、その能力や環境があっただけで人を救いたい情熱がなければ『医者の顔した害』になるだけなのだ。」

 

「前にも言ったが、貧しい者に神仏の加護がないのではない………『得られる光』がその環境にしかない、というだけじゃよ。」

 

「お前の好きな霊能力者が話しをしたろう………」

 

※⇧美輪明宏さんです(*´▽`*)ゞ深夜番組で、昔ド派手な衣装で炭鉱の町に営業でコンサートをしたことを話されていました。その時、コンサートには仕事着のまま炭鉱夫の方、ご家族の方々が集まっていらして………美輪さんはご自分の格好をひどく恥ずかしいものに思った、と回想されていました。それから、炭鉱で働く人々や重労働の人たちのための歌を作りたい、と思われたそうで、のちにある人物と出会い、その方のそれまでの苦労を聞き、閃いたのが「ヨイトマケの唄」だということです。

詳しくはWikipediaの「ヨイトマケの唄」にも載っていました。

抜粋します(*´∀`*)

 

作詞作曲のきっかけは、興行主の手違いで炭鉱町の劇場でコンサートをすることになったことに始まる。当時きらびやかな衣装でシャンソンを歌っていた美輪は、炭鉱町でのコンサートに乗り気ではなかったのだが、炭鉱労働者たちが安い賃金をつぎ込んでチケットを求め、客席を埋め尽くしているのを見て衝撃を受け、「これだけ私の歌が聴きたいと集まってくれているのに、私にはこの人たちに歌える歌がない」と感じて、労働者を歌う楽曲を作ることを決意したという。

 

「………"突き抜けているからこそ"得られた境地なんじゃよ。『ただのキレイな衣装』では『こんなに自分は綺麗に整えた格好をしているのに、客席は小汚ない格好をしやがって』と思うのがせいぜい………自分の確固たる意思を衣装に込めておるから分かること………相手の真剣さが伝わるんじゃよ。」

 

 

………………………………………………

 

 

まあ、他にも色々f(^ー^;………それらのことは何かの折に話すことになると、今までの経験で思います。

いつもそうですが、会話したことをすぐに書けるようにはしてくれません(´TωT`)

前回は私が疑問につまずいてストップしましたが、再開するには後ろさん達がOK出さないと出来ない、というシステムのようです。

それは、私自身の理解度も関係していまして………

ホロスコープに興味を示し、発達障害(あるブロガーさんは『神経発達症』という名称に変えたい、とおっしゃられていて。私もそう願いますが、ここでは発達障害、と書きます💦)との関連性を明示出来ないまま………つまりは中途半端に終わりましたが。

それも『無駄ではない』とは言われました。

とにかく、「人並みの能力が無いこと」を知ること。

それでも「努力してきた」と知ること。

そんな努力も空しく今つらい状況にいたとしても、それは「ただ弱者に甘んじろ」ということではなく、「そんな自分を許すこと」、それから自分だけの能力が開花する、と言われました。

人並みに出来ないことを嘲笑う人間、人格否定をする人間を気にするな、と。

これもいつも言われるのですが、「良いことがあれば悪いこともある。そしてその逆もある。あきらめるな。」です。よく世間でも言われることなのですが、神様がついているから良いことずくめではない、と思い知らされました。

アメブロを見れば、皆さん「神様に~してもらいました!」「みんなで集まってお茶会しました。おいしかったです!」「行動せずして福運なし!」とかありまして、旅行などしたことはなく、仲間もいない、夢を追おうにも八方塞がりな人生でしたので、キラキラした生活に憧れました。………が、私と同じく、いえ私以上に生活に苦しんでいる皆さんのブログも読ませてもらいました。

ホロスコープで、この42歳の年は「心の基盤づくりの年」のようでして。

(プログレスやハーモニクス、トランジットの木星やキロンなど)

過去生を思い出させられたり、神様たちとの関係を考えさせられたりしました。

私は、昨年の暮れから「見えない世界のお医者さん」を目指してきました。

いろいろと頑張っていくなかで「才能がない」「努力不足」「そもそも後ろさん達のサポート、追い風がない」などの現実に直面しました。

しかしそれも、ただ「自分の道ではなかった」だけで、「努力をしてきたのも無駄ではなかった」こともやっとわかるようになりました。

 

「お前は『神の道具』などではない。そのような能力もない。………その意味をよく考えろ。」

 

よく言われました(; ̄ー ̄A

 

「お前にはすまないと思っている。………だが、そばに居続けるために霊格を上げねばならんのだ。」

 

そして、

 

「お前には出雲の神たちもついておる。案ずるな。」

 

「出雲に縁のある霊能力者に知り合ったのも理由があるんじゃよ………大国主と龍との間で話は出来ておるから進んだこと。………あとはお前が受け入れるか否かじゃ。」

 

 

………………………………………………

 

 

ぶっちゃけますと、「子供」を「子供」だと思って、神たちの愛を受け入れろ。………という、荒行をしろ。というミッションです。

………分かりにくいですね( :゚皿゚)ここで分かる方は私のこれまで言い渋ってきた苦悩がわかると思います………

 

………今まで、後ろの神様たちにまつわる前世を教えられてきましたが、その集大成がこれ?本当にこれ?いくら私がしがない独女でも騙されるか!アホだらあ!と息巻いて暮らしてきました。………が駄目でした、という話なのですよ………

 

すいません、明日に賭けます。

逆光の龍さん

おとといアメブロのほうで、嬉しくって!


神社伝書びと 守本朋代のブログ

 守本さんには私個人の思いですが、お世話になりっぱなしです(*´艸`*)💦

改めてありがとうございました\( *´ω`* )/!!

 

本当はアメブロで書いてもいい?記事なのでしょうが、こちらで書きます。

張り付け記事・画像が多いと文字数制限かかりますし………

今回はデカイ画像に張り付け記事を多用しましたので💦

 

今回はアメブロで書き切れなかったこと(←テンパると記憶がポンポン飛びます……)、そして自分で調べてきた阿蘇神社や健磐龍命を少しご紹介しますね(´ー`A;)🍀

 いやあ………守本さんが阿蘇神社をあんなに詳しく、阿蘇神社の復旧に向けた寄付先まで載せてくださって(地元民なのにお恥ずかしい(/´△`\)!)丁寧に書かれておられたのに触発されました❗

 

まずは龍さんの容姿で思い出したビジョンがありました。

 

f:id:paraxlan:20181102120643j:plain

 こんな野っ原で朝日に向かい、私(牡丹っちですね)の元から帰っていくビジョンが以前頭に浮かんだことがあったんです。逆光で黒いシルエットしか見えなかったのです。

風景はこんな感じでした。

f:id:paraxlan:20181102120805j:plain

後ろ姿なので、この画像⇧のほうが雰囲気としては合っている、と思います。

こんなふうに背を向けて鷹揚に片足を上げて、歩きながらズボン?をずり上げて………

もの凄く眩しい朝日に向かって歩くその姿は、確かに守本さんのおっしゃられた容姿、体型でした。

守本さんの記事から抜粋しますね🦉🌿

 

イケメン神さまでもあるのですが

しゅっとした美形というよりは

骨太でがっしり筋肉質な感じ。

かなり大柄なのですが手足は短め。

ちょっと誰に似ているとも

表現ができないのですが、

堂々とした体躯でありながら

とっても優しく温かくて

包容力と頼もしさが溢れる神様

なんです。

 

………逆光で見た龍さん………

私、ちゃんと思い出していたんだ………、って。

沙久良さんもこんな風に以前描いてくださったのですが、何せイメージは「長瀬くん」から離れられず………

最初に容姿でお聞きしたとき、「◯◯さん(←私の本名です)の好みだと思いますよ。」と言われて興奮(*゚∀゚)=3してしまい、「ジャニーズでいうと誰に似ていますか?」と聞いたのがイカンでした_:(´ཀ`」 ∠):_

………顔の話なのに早合点した私の好みは細マッチョでしたので、そこから筋肉を付けた想像には限界があり………限界、超えられませんでした(。•́ωก。)…グスン

最初のセッションの時、守護してくださる後ろさんを描くメニューの「心絵」を頼みたかったのですが、あいにく中止中でしたので、仕方なくアドバイスを受けた「神様絵」が描けるようになれば解るかな?と楽観視していました。

「神様絵」が描けなくてもがいている間に視たビジョン………

それまでに何枚か描いていたので、自分の絵からごっつい熊さんのような龍さんにイメージ転換するのには勇気が要りました。

ですから、せっかく唯一視た龍さんの姿なのに否定してしまって………

しかし、今回守本さんがとても格好良く龍さんを文章で描写されていたのに勇気をもらいました………!!

沙久良さんもカッコよく描いてくださったのですが、ボンさんとの前世や後ろさん達とのやり取りについて「悪いものにでも騙されているんじゃ?」と言われた後でしたのでショックが大きくて、立ち直りに時間がかかってしまいました。

ただ、最初のセッションの時に沙久良さんがブログでアップされた「龍さんが私を愛してくれている証拠のハートだらけの絵」(←勝手に命名💦)を思い出して。

この龍さんなら、悪い存在だなんて絶対に寄せ付けない!………たとえ巫女として試されているにしても、私は龍さんを本当に愛しているのだから愛に関してそんな私を裏切ることはしないし、"私の知っている龍さん"ならば必ず救ってくれる、って信じて。

………結局巫女にもなれず、絵も自由に描けないポンコツですが!

この前も「細マッチョ好きでゴメンね(´TωT`)💦」って龍さんに謝ったら、

 

「………もういい………もう言うな。」

 

って苦笑いしてですが許してくれました( T∀T)…ごめんなさい…

あ!でも以前載せた「牛島辰熊さん」も大好きでして、ずいぶん前に熊日新聞の特集で奥様との素敵な夫婦関係のエピソード、お子さん達にも深い愛情を注がれていた様子がお子さん達の回想で載っていました。

立川談志師匠と共に私の大好きなご夫婦、憧れの殿方に入っています❗

 

ああ!そしてですね!

守本さんが『タケイワタツノミコトさまの大ファンでして、、、』と書かれていらして………すごい嬉しくて、嬉しくて………

なんかすごく大きな優しさをいただいた気になっています(*´艸`*)

本当にありがとうございました!!

うわあ!うわあ!。゚゚(*´□`*。)°゚。ってなりました!

 

 

 

 

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

 

 

 

 http://www.eva.hi-ho.ne.jp/suruga/asozinnjya.htm
阿蘇神社

 

こちらには阿蘇神社が源頼朝社領を寄進されたり、豊臣秀吉からは社領を没収されたり、肥後藩主となった加藤清正細川氏が再興、保護してくれたことが載っています。

そして、927年の『延喜式』巻第十には「健磐龍命神社」と書かれてあるそうです。

いつから「阿蘇神社」になったのでしょうか?

さらに、鎌倉時代の木練上人の「霊験奇譚」では、竜は阿蘇大明神の化身であり、11面観世音はその本地仏だとあるそうです。

 

あと健磐龍尊╱阿蘇比め(口羊←変換出来ませんでした💦)の項では、

 

健磐龍は健々しく岩が立つ状態を神格化した。また、水神・治水の神とみられ、立石信仰の健磐立が健磐龍に変化した。しかし、立つとは自然現象が急に出現するときに使用されるところから阿蘇山が噴火して火山弾が降ってきて立ったところからきたのかもしれない。あるいは噴火が龍のように見えた。阿蘇の信仰は活火山である阿蘇山に対する霊異から生じたものであり、自然神と人格神が合致したといいます。

 

とあり、健磐龍尊は神武天皇の勅命により山城国宇治から阿蘇に下って鎮西鎮護の大任を果たしたとも書いてありますから、元からあった自然信仰と合わさったのでしょうね。

あと、健磐龍命は長野から来た、というブログも以前見かけましたし(タケミナカタさまの子孫説です)。

健磐龍命は『建五百建命』ともされていて、科野国造だそうです。熊本も長野も馬刺し文化の共通点があります。

 

 
阿蘇神社~神話の2300年前から存在する阿蘇山の守り神 | 国内旅行

 

そしてこちらも抜粋で💦

 

阿蘇都媛命は、肥国の国守と言う意味のコエクニ(肥国)のタケイハタツの娘ともされ、ユナ(斎餞)としてホホデミに奉られて内后になったともあります。

斎餞と言うのは献上と言う意味です。

タケイハタツはもうその名のとおり健磐龍となりますが、この伝承の場合、その娘が阿蘇都媛となります。

そして、阿蘇都媛はホホデミと結婚しました。

このホホデミ彦火火出見尊と言う事でしょう。

このように、2300年も前の話でして、色々な伝承と説があります。 

 

うーん………謎な阿蘇都媛さまです。例によって龍さん教えてくれない(´ー`A;)

(;ω;`*) そこのところをスッゲェ知りたいのに………

他にも、『阿蘇神社の阿蘇氏は平安時代には宇治姓を称しており、延喜年間に宇治友成阿蘇宮司となって移行、阿蘇神社の大宮司世襲しています。』とあって、先ほどのブログでの健磐龍尊の話と合わせると、大昔から阿蘇と宇治は繋がりがあるようですね。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E8%98%87%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E7%BE%BD%E6%9D%91%E5%B8%82)
阿蘇神社 (羽村市) - Wikipedia

実は、東京都羽村市にも阿蘇神社があります。

由緒がすごいんです!

『創建は601年(推古天皇9年)とされ、933年に平将門が社殿を造営。940年(天慶3年)藤原秀郷平将門の霊を鎮めるためとして修復した。』

とあってですね、平将門阿蘇神社は何の関係が!?とワクワクします(*´∀`*)!

将門さん、健磐龍命が視えてたのかな?とか、阿蘇山、ビッグネームだったのかな?とか!

そして、藤原秀郷は将門を討ったことでも知られていますが、"俵藤太"の名で百足退治で有名だそうで。伊勢神宮では秀郷が百足退治に際して龍神から送られた、という伝来のある太刀が奉納されていて宝刀として所蔵してあるそうです。

 

で、この阿蘇神社、1598年(慶長3年)に徳川家康が参詣したということで、何気に東京に阿蘇神社建ててくれて、将門さんありがとう😆💕✨と言いたくなります!

本殿は神社建築として価値が高く都の指定有形文化財だそうで、境内のシイの巨木も都の天然記念物に指定されているとのことです。

 

あと島根や鳥取にも阿蘇神社あるそうです!確か岐阜にもあったかな?💦←うろ覚えです………

 

 

 
Star Angel 占星術:『 雄大な阿蘇山 ☆ 神様がおわします』

 

 
Star Angel 占星術:『阿蘇の中岳の火口 ☆ 姿が変わる神様』

 


Star Angel 占星術:『阿蘇神社 ☆ 復興へ向かう一之宮』

 

こちら地元の占星術師の方が詳しく書いておられるのを貼りました。

竜(←すいません!龍神様でした)の姿を感じ(視?)られたそうで、阿蘇山は謎がいっぱいだなぁ、とびっくりしました!

間違えてました

前回12キロなんて書いてましたが、7キロでした!すいません😣💦⤵️

だいぶ違う………(T_T)

頭がふやけてる?というか使いも……ヤメトコウ💧

しかし今日はお昼に6キロ歩くので、今日は夜と合わせて13キロ歩くことになります。

ネットで注文したウォーキング用シューズが今届いたのですが………

私の足は幅広で、甲も高いのですが。

靴は思ったよりもスリムで……

一応レビューを参考にして、1,2サイズ大きいのにしたんですが……もう靴を穿くのが怖くなっております。

あぁスリムな人が穿く靴だったんだ、と靴から体型を拒否された感じですね。

それぐらいのスリムさの靴です。

普段は長靴なもので、選び慣れてないとネットでも詰めが甘くなります(;A´▽`A💦

安さにつられましたし。

後ろさん達にも聞いて決めたんですけどね(T▽T)

 

 

🍘🍵🍘🍵🍘🍵

 

 

昨日は菊さんとたくさん話しました。

読み方は「きくさん」です。

「くくりひめ」だから「くくさん」では?と聞くと、「("くく"だと)苦しそうだから「きく」で良い。」と言われました。

それに名前は元からなく、そこの神社で『菊理姫』と思い参拝するので、それでいいだけである、だそうです。

もうすでに旦那さん、であって。

龍さんも認めた男神?さんなので、私のブログネームに入れたそうです。

ちなみに、後ろさん達は私の名前を本名でもブログネームでもなく特殊な名前で呼びます。

それは9年前からつけれていまして、最初はあまりに変な(絶対に一般的ではない)読み方なので(漢字はなんとなく意味ありげで立派なのですがf(^_^;))、もう反発しまくっていました。

今思うと、ひろしさん達に子宮に入れられた勾玉たちと関係があるように感じます。

 

あと話したのは、以前から龍さん達とは違うけれど誰が喋っているのか分からない時があって。

聞いても、「…みんなだ。みんなの意見だと思えばいい。」とはぐらかされたことが何べんかありました。

そういう時は大体菊さんが喋っていたそうです。

ちょっと、ボンさんのような、冷たい💧時の牛っさんのような……でも砕けたものの言い方が山吹さんのような……な口調の神様です。

ですから、一年以上前から6柱の神様と喋っていたんですね😅

 


f:id:paraxlan:20181030120714j:image

 


萌たんはガチムチ - ぱら×らん

 

昨日は「ぱら×らん」のほうに書きました。

お暇な時にぜひお読みください☺️🍁

忘れてた❗


f:id:paraxlan:20181028145458j:image
コンビニのくじ引きでもらいました☆

お世話になってます*ฅ´ω`ฅ*オイシイ♪

……いや~…忘れてました。
龍さんと愛しあった後は、大体ピンチになって。
愛し合う神様紹介されるんでした。(※)


今回は、もう3日ばかり夜に12キロ位歩きまして。今日も歩きます。
ちょうど生理でキツかったのですがf(^_^;
その代わり作業を強制免除されています。

後々詳しく話せたら良いのですが、まだまだ落ち着かない状況です😓

 

さて今回は菊理姫さまでした。

といっても、私が繋がった菊理姫さまで、男女の隔てが無い?神様のようです。

最初、男っぽいなぁと思ったのですが、だんだんと『男』に………

呼び名は「菊さん」です。

去年、ブログの名前を「ぱら」から「菊月ぱら」と変えた時、山吹さんに「菊月」になるように言われたのですが。

その時にはもうすでに繋がりがありまして……

本当は菊さんの意向が入っているんだそうです。

何故一年経った……それも旧暦の重陽節句に『表』に出て来たのか?

…と聞くと、「物事の順番」とだけ………

普通に出会った順序かな?と思ったのですが、「一番新しいのはロビンだ」、って言われました。

_(:3」∠)_あれれ?

あ、じゃあ名前どうしよう?

変えたほうがいいかな?と聞いたら、

「そのままで良い」とのことです。

 

うむむ、……あれ?ほーさんは?山の神様ならほーさんが一番始めじゃないのん?

 

「わしの山の名前を入れたらおかしくなるぞ(^_^)」

 

、と名前にはこだわってないようです。

 

 

……と書いたところで再び心の臓が縮み上がるハプニングがあり………

油断ならない状況です。

( ;∀;)あの…何でこんな怖い目にあわせるのですかい?

 

「(^-^)v分かりやすいし、心に刻まれるだろう?」

 

……………………………

 

 

※←上記の補足です。

ついてくださっている全部の神様がピンチに陥れる訳ではなく、特に話をする神様が酷い目にあわせるそうです。……ってヒドイわい…(T_T)

 

菊さんとは前世でいうと、牛っさんと萌たんみたいな関係らしいです。

 

つらい時に神社の写真を見て妄想旅に逃げていたので、そんな感じが似ていますね……(´・ω・`;)

 

 

   🌼   🌼   🌼   🌼   🌼

 

 

そういえば、蔵王権現さまの真言不動明王さまの真言でいいと言われました。

私にとってのお不動さまだそうで、蔵王権現さまの短い真言は唱えても、唱えなくても大丈夫と。

で……只今すごい頻度で唱えまくっておりやす。

 

 

激流

f:id:paraxlan:20181026193650g:plain

………こんな楽しく激流を乗り切りたいです:(´◦ω◦`):プルプル

 

 

 

中年女に何が起こったか

 


東京JAP 「摩天楼ブルース 」


少女に何が起ったか(小泉今日子出演)|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

 

………もう切ないやら苦しいやら。

とにかく信じるしかない状況に叩き込まれました………

ピンチ中

f:id:paraxlan:20181025171241j:plain

f:id:paraxlan:20181025170845j:plain

昨晩のお月さまです。

今回レンズはバッチリ👌でごんす!

晴れて良かったです*。・+(人*´∀`)+・。*

 

f:id:paraxlan:20181025170921j:plain

こちらはその前日のお月さまです(*´艸`*)

雲が厚いですけれど、キレイでした。

 

 

⚠️

 

 

………ただ今ピンチ真っ最中………

龍さん達を信じるのみです………

たけだ しんけん

タイトルは。

米津玄師さんの名前の読み方を、「よねづげんし」と間違って読んでいたことに昨日、気付きました………ということで、武田信玄も「たけだしんけん」と読みたくなった霜降の日でした。

けんしさんだったんですか………

本名だそうで………

これもキラキラネームに入るのでせうか?

「げんすい」と読まないだけマシだと思っていたのに、落とし穴が二個もあったんだ……的なしてやられた感を親御さんに持ってしまいます。

一筋縄ではいかないようなサウンドは血筋からだと思う霜降の日でした。

 

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽

 

 

さてさてでごんす🖋️

赤べこ特集になっていた「苦さ体験」の回の最後、

 

 

「スムーズにことを運べる者は『運がいい』だけであって、苦労しておる人間の気持ちなどわからないものだ。

『何にこだわっているのか』………これを上から目線で『無駄なことはやめろ』と言ってくる。

『よかれと思って』、『親切で言ってるのに』、『勝手にすれば?』という、言わなくともよい余計な一言で相手を責めたてているのだ………」

 

 

でした🌿。そして、次に3日前に「ピンボールの魔術師」という曲を紹介させていただきました。

映画「トミー」のあらすじをお読みくださるのが一番良いのですが、省略いたしまして伝えたいことに絞りますね💦

まず、主人公トミーの三重苦『見えない、聞こえない、話せない』の原因は先天的なものではありません。

義父が実父を殺した現場に遭遇してしまい、義父から

 

「お前は何も見ず、何も聞かなかった。この事は一生誰にも言ってはいけない。」

 

と迫られ、これがトラウマになったのが原因でした。

こんな場面になかなか遭うものではないですが、実生活にも似たようなことが起こっている、と後ろさん達は言うんですね(´ー`A;)

 

簡単にいいますと、ただでさえショックを受けて精神が不安定になっているところに『圧力』をかけて、さらに精神を追い込むことを言う人間はいる、と。

 

相手の心を無視して自己保身のため、または自分の思いを押し付けるためにわざと強く言い含めるのだ、と。

 

そしてストーリーの後半、見事「ピンボールの魔術師」の称号を手にし、(母親のかんしゃくで?f(^ー^;))三重苦を克服したトミーが教祖に祭り上げられるも親戚が金を着服しだす上に、信奉者もトミーと同じ体験をして(トミーの指示で目隠しと耳栓、口にはコルクをはめながらピンボールをする、というもの)悟りを得ようとしますが結局出来ずに暴徒化します。

 

全てを失ったトミーでしたが、真の自由を手に入れ山に登り、晴れやかな表情で朝日に向かい歌うところで物語は終わります。

 

エルトン・ジョンの巨大ブーツ👢はエルトンがスタッフに頼み込んで譲ってもらったのに、その後飽きて競売に出されたそうで。

 

「変わったもの」への扱い方は"興味があるうちが華"なのでしょうかね(;゜∀゜)

 

後ろさん達は、

 

「相手に対して思いやりの心があれば、軽はずみに否定するようなことは言わない、ということじゃよ(^_^)………『相手を操りたい』『自分の思うままに事を運ばせたい』と思っていると相手の"可能性"を潰してしまう………」

 

「相手の"やりたい、と思う気持ち"を潰すことになるのだ。」

 

「『進化』したい心だよ。お前はそうやって希望を潰されたんだ………

『人を導く能力』が備わっていながら『人の可能性を潰している』から問題なんだよ………」

 

「『否定することで相手のやる気に火を着けた』つもりなのだろうが………」

 

「自分のエゴが入っている自覚もないばかりか、相手をよく見ようともせんから『ただの圧力』に成り下がるのだ。」

 

「『調子にのるな』、『自分の言うことを聞いていればいいんだ』………相手の可能性を潰しておきながら『自分は正しいことを言った』と思い込んでおるのだ。始末におえんだろう………」

 

「そしてな、このような者たちは『言う相手を選ぶ』からたちが悪い。

更に『自分を良い人間に見せる工夫』を怠らんのだが、見下しておる人間には『人格否定』の言葉を突き付ける………」

 

「自分の中に『神』がいるならば、相手の中にも『神』がいる………いかに自分や相手の神や仏を引き出すか、これを霊格が高い者ほど試される………」

 

「『自分が良ければそれでいい』というのは、自ら魂の成長を止めた『永遠に子供のままでいますよ』と宣言しておるようなものだ。」

 

「そういう者ほど自分の『変わったところを自慢する』。

なのに『他人の変わったところ』は否定するのだ。

………それがだ、自分のセールスポイントと被るほど潰そうとする。」

 

「自分とは被らない、『自分の価値を下げる程でもない自慢』なら笑って済ませるのだが………」

 

「………余裕のあらわれであるがな、ある意味見下しておるのだ、その者たちを。」

 

「『自分が一番でないと嫌』なのだよ………人をおだてるのは『自分がおだててもらいたい』からであって、本当に心から誉めてはおらん。」

 

「それこそ………」

 

 

………………………………………

 

f:id:paraxlan:20181024191928j:plain

はい………途切れました(lll-ω-)チーン

続きを書けるよう、頑張ります………

 

まほろば

f:id:paraxlan:20181023164957j:plain

牛舎近くにある健軍神社の納骨堂です。

明るい時に来れないので深夜撮りf(^ー^;

基本小心者なんで、こんな夜中にケータイのカメラで鳥居⛩️を撮るなんて………龍さんがいてくれる安心感でいっぱい撮りました(*´▽`*)ゞ

もう完成したのでしょうかね?

なんだか幻想的で嬉しくなっちゃいました(ノ*>∀<)ノ♡

 

f:id:paraxlan:20181023165043j:plain

なんとか建物がわかりますでしょうか?

………ここまで書いて。

この記事は「ぱら×らん」ネタだったと気付きました。

 

f:id:paraxlan:20181023165137j:plain

こちら門のところにある柱です。右のほうです。

f:id:paraxlan:20181023165231j:plain

こちらは門の左です。

 

 

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

 

おとといの晩、お月さまの写真のことで後ろさん達と揉めましてσ(^◇^;)

「うわあ!こっぱずかしいッ!今頃なんてひどいよぉッ.˚‧º·(´ฅωฅ`)‧º·˚. 」

って駄々こねたら、みんなはじめは昨日の記事のように面白がっていたんですが、だんだん優しくなってくれまして………(←あまりに引き摺ってましたので💦)

龍さんがイチャコラしてくれました♡

なんだ確信犯か?と訝りましたが。

そして昨日は途中、ボンさんが間に入ってくれて、いろいろわかったことがあり、

そのひとつが前世で、何故暗がりで監禁したのか?ということで。

容姿がわからない一因ではないか、と悔しかったのですが………

前までは"山吹さんに抱かれているつもりにさせるため"と聞かされていたんです。

龍さんとしては、牡丹っちと山吹さんとの仲を壊すつもりはなかったので(はじめは、ですねf(^ー^;次第に変わったそうですが💦)、なんとか牡丹っちの男性に対してガチガチの体をどうにかなおしたい、という……恋愛シチュエーションCDか!とツッコミを入れたくなる話でしたが。

しかし、それだけではないと今回知りました。

………その時の牡丹っちの顔や体は普段からボコボコにされていて無残なことになっていて。

その顔や体をものすごく恥ずかしがる牡丹っちのためにあえて暗くしていたそうです。

龍さんの底なしの愛を感じた二晩でした(*´艸`*)

昨晩は、祖霊殿のところに行かせてくれて(普段は通らない道なので)、そのうえ龍さんが思いをたくさん伝えてくれて………

いつもはあんまり喋らなくて。

龍さんに話しかけているのに、答えてくれるのはほーさん達ばかりなのでそこもなんだか悔しいポイントでした。

喋ってくれても厳しいことばかり言うし………ですしねぇ( :゚皿゚)………

 

まあ、それでですね…

眠る前に約束したんです。

「私、死んだらあの『まほろば』に入りたいから………よろしくね、龍さん。」

って………

龍さんは、

「大丈夫だ。………心配するな。」

って言ってくれました(*´艸`*)♡*.+゜

 

 

………って。

前々回から話が進まないばかりかイチャコラ話をしれっと入れてしまいました………

進まなさ具合のほうが心配ですよ、龍さん………

 

 

まあショック。


f:id:paraxlan:20181022185325j:image

昨夜の「十三夜」です……

……ショックなことが分かりまして。

気持ちの立て直しに苦心しております。

今まで、ビッカビカの筋が写真に写っていたのに満足度ナンバーワン!だったのですが……

………『レンズについた手汗(油分)の筋』だったことが判明。

で。

上の写真はきちんと拭いて撮ったお月さまの写真でごわす。

 

……………………………

 

 

( º言º)おいコラ。

ぎょーさん神がおっても神速で注意してくれないんか、おい!!

………今頃………今頃………………ッ!

 

「(^_^)それも経験じゃよ♪」

 

 

 ゚ 。 ,∧_∧ ゚。
 ・(゚´Д`゚ )。
   (つ   ⊃ ひぃぃ
    ヾ(⌒ノ
     ` J

あ…!あなたらいる意味あんの?!

 

 

🌷🌺🌼 🌸 🍀🌹🌻🌱 💐🌞

 

 

そういえば、ですね。

今生では眷族さんはつかないのですが、来世、観音さまになった時につくそうです。

( ;∀;)今!今欲しいのですがっ!!

 

あ、それと、子供のことで前世のことを書いた後に。

( ⊙_⊙)あれ!?前世のひとつと教えられた"白縫姫"は子供いたんじゃなかったっけ?

いろんな説があって子供がどうなったか分かりません。

私自身に今のところ全然「情報」が降りてこないので、これからが要注意ですかねf(^_^;

 

 

🌷🌺🌼 🌸 🍀🌹🌻🌱 💐🌞

 

 

前回、「ピンボールの魔術師」をブッ込んだのですが、続きは次回❀.(*´▽`*)❀.←ダメだコリャ!

いや、ちょっとバタバタ続きで……すいません😣💦⤵️